東北方面後方支援隊

東北方面後方支援隊(とうほくほうめんこうほうしえんたい、JGSDF North Eastern Army Logistic Support Troop)は、宮城県仙台市宮城野区仙台駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊東北方面隊直轄の後方支援部隊である。

東北方面後方支援隊
創設 2006年(平成18年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 武器科需品科輸送科
兵種/任務/特性 後方支援
所在地 宮城県 仙台市 宮城野区
編成地 仙台
上級単位 東北方面隊
担当地域 東北地方
テンプレートを表示

概要編集

東北方面隊直轄部隊の後方支援業務を任務とするほか、災害派遣や民生協力、国際貢献活動も行っている。

平成17年度末に東北方面武器隊及び東北方面輸送隊を統合、東北方面総監直轄の諸部隊からも一部が合流し新編された。

沿革編集

  1. 第302特科直接支援中隊(第2特科群を支援)を廃止。
  2. 第303特科直接支援中隊を廃止。第102特科直接支援隊直接支援中隊(八戸駐屯地:第4地対艦ミサイル連隊を支援)に改編。
  3. 第102特科直接支援隊を新編。
  • 2017年(平成29年)3月27日:第301弾薬中隊を仙台駐屯地で新編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:部隊の新・改編。
  1. 第102補給大隊を新編[1]
  2. 第303高射特科直接支援中隊を第5高射特科群廃止に伴い第301高射直接支援隊に縮小改編。
  3. 東北方面輸送隊第105輸送業務隊を廃止、陸上自衛隊中央輸送隊第2方面分遣隊に改組。
  • 2019年(平成31年)3月26日:第102特科直接支援隊を第130特科大隊廃止のため縮小改編。
  • 2020年(令和02年)3月26日:第6後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊、第9後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊を廃止し、第102特科直接支援隊第305特科直接支援中隊に編合。

部隊編成編集

特記ないものは仙台駐屯地所在。

  • 東北方面後方支援隊本部
  • 東北方面後方支援隊本部付隊「東北方後支-本」
  • 第108全般支援大隊
    • 第108全般支援大隊本部
    • 第108全般支援大隊本部付隊「108全支-本」
    • 補給中隊「108全支-補」
    • 整備中隊「108全支-整」
  • 第102補給大隊(コア部隊
    • 第102補給大隊本部
    • 第102補給大隊本部付隊「102補-本」
    • 第1補給中隊「102補-1」
    • 第2補給中隊「102補-2」
  • 第301弾薬中隊「102弾」(コア部隊
    • 第301弾薬中隊本部
    • 第1弾薬小隊
    • 第2弾薬小隊
  • 第105施設直接支援大隊(船岡駐屯地:第2施設団を支援)
    • 第105施設直接支援大隊本部
    • 第105施設直接支援大隊本部付隊「105施直支-本」
    • 第1直接支援中隊「105施直支-1」(船岡駐屯地:第10施設群を支援)
    • 第2直接支援中隊「105施直支-2」(福島駐屯地:第11施設群を支援)
    • 整備隊「105施直支-整」(主に第2施設団本部や第104施設器材隊の整備支援)
  • 第301普通科直接支援中隊「301普直支」(多賀城駐屯地第38普通科連隊を支援)
    • 第301普通科直接支援中隊本部 - 整備小隊
      • 八戸派遣隊(八戸駐屯地:第3普通科中隊、4普通科中隊を支援)
  • 第102特科直接支援隊「102特直支」(仙台駐屯地東北方面特科隊を支援)
    • 第102特科直接支援隊本部 - 整備小隊
    • 直接支援中隊(八戸駐屯地第4地対艦ミサイル連隊を支援)
    • 第305特科直接支援中隊「305特直支」(岩手駐屯地東北方面特科連隊を支援)[2]
      • 第305特科直接支援中隊本部
        • 郡山派遣隊
          • 第1特科直接支援小隊(郡山駐屯地:第1特科大隊を支援)
          • 第3特科直接支援小隊(郡山駐屯地:第3特科大隊を支援)
      • 第2特科直接支援小隊(岩手駐屯地:第2特科大隊を支援)
      • 第4特科直接支援小隊(岩手駐屯地:第4特科大隊を支援)
  • 第301高射直接支援隊「301高直支」(八戸駐屯地:第101高射特科隊を支援)
    • 第301高射直接支援隊本部 - 整備小隊
  • 第303通信直接支援隊「303通直支」(仙台駐屯地:東北方面通信群を支援)
    • 第303通信直接支援隊本部 - 整備小隊
  • 東北方面輸送隊霞目駐屯地
    • 東北方面輸送隊本部
    • 本部付隊「東北方輸-本」
    • 第309輸送中隊「309輸」
    • 第302輸送隊「302輸隊」

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
東北方面後方支援隊長 1等陸佐 村上章 2019年03月23日 陸上自衛隊教育訓練研究本部主任教官
副隊長 1等陸佐 北村清孝 2021年03月15日 近畿中部防衛局東海防衛支局次長
歴代の東北方面後方支援隊長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 職種 出身校・期 前職 後職
01 野口哲郎 2006年03月27日 - 2007年08月01日 武器科 防大18期 東部方面総監部装備部長 退職(陸将補昇任)
02 水野博之 2007年08月01日 - 2009年08月01日 通信科 防大20期 中部方面総監部調査部長 退職(陸将補昇任)
03 長谷川儀蔵 2009年08月01日 - 2011年11月30日 航空科 防大25期 陸上自衛隊航空学校霞ヶ浦分校長 北部方面総監部装備部長
04 市川文一 2011年12月01日 - 2013年12月17日 武器科 防大27期 陸上幕僚監部装備部武器・化学課長 自衛隊愛知地方協力本部
05 外屋寿郎 2013年12月18日 - 2015年12月17日 施設科 防大30期 陸上幕僚監部総括副監察官 中部方面総監部総務部長
06 山本元英 2015年12月18日 - 2017年07月31日 需品科 防大32期 陸上幕僚監部装備計画部装備計画課
需品室長
陸上自衛隊北海道補給処副処長
07 福島由晃 2017年08月01日 - 2019年03月22日 武器科 防大33期 陸上自衛隊幹部学校主任教官 陸上自衛隊北海道補給処副処長
08 村上章 2019年03月23日 - 化学科 防大37期 陸上自衛隊教育訓練研究本部主任教官

主要装備編集

廃止(改編)部隊編集

  • 第302特科直接支援中隊「302特直支」(仙台駐屯地:第2特科群を支援):2010年(平成22年)3月25日 廃止。
  • 第303特科直接支援中隊「303特直支」(八戸駐屯地:第4地対艦ミサイル連隊を支援):2010年(平成22年)3月25日 廃止。第102特科直接支援隊直接支援中隊に改編。
  • 東北方面輸送隊第105輸送業務隊:2018年(平成30年)3月27日 廃止、陸上自衛隊中央輸送隊第2方面分遣隊に改組。
  • 第303高射直接支援中隊「303高直支」(八戸駐屯地:第5高射特科群を支援):2018年(平成30年)3月26日 廃止。第301高射直接支援隊に縮小改編。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集