メインメニューを開く

東北軍管区(とうほくぐんかんく)は、大日本帝国陸軍軍管区の一つ。第二次世界大戦末期の1945年昭和20年)2月1日に設けられた東北軍管区司令部が、青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県に相当する地域の軍政を統括した。

歴史編集

この地域の陸軍の管区は仙台鎮台の管轄区域である第二軍管区として発足し、鎮台師団に改編された後は、第二師団が轄する域、即ち第二師管区であり、師管区が法制化されて初めての陸軍管区表では、青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県が第二師管区に属していた。

1898年明治31年)に第8師団が、1905年(明治38年)には第13師団が設置され、1907年(明治40年)の陸軍管区表では、青森県・岩手県・秋田県は第八師管区に、宮城県・福島県・山形県は第二師管区となり、新潟県は長野県と共に第十三師管区に移った。1925年大正14年)には宇垣軍縮に伴い第13師団が廃止され、同年の管区表改正で山形県は第八師管区に移り、第八師管区は青森・岩手・秋田・山形の四県、第二師管区は宮城・福島・新潟[1]の三県となった。

師管区の名称に地名を冠したのは1941年(昭和16年)8月5日の陸軍管区表(昭和16年軍令陸第20号)からで、第八師管区は弘前師管区、第二師管区は仙台師管区と名を変えた。

軍管区司令部編集

1945年(昭和20年)には作戦と軍政の分離が推し進められ、それまで師団長が連隊区司令部を管掌し徴兵事務を総理していたものを師管区司令部を設ける事によって師団長からその事務を移管し、新設の地区司令部を管掌した。弘前師管区司令部は留守第57師団司令部を、仙台師管区司令部は留守第2師団司令部を改称して同年4月に編成された。青森・岩手・秋田三県の軍政を担当する弘前師管区司令官には伊藤知剛予備陸軍中将が、宮城・山形・福島三県の軍政を担当する仙台師管区司令官には高木義人予備陸軍中将が召集の上これに補され、第11方面軍司令部(司令官吉本貞一中将)が兼ねた東北軍管区司令部に隷属した。なお新潟県は長野県と共に東部軍管区司令部に隷属する長野師管区司令部の管轄となった。

管区の変遷編集

初期の軍管区
  • 明治6年(1873年) - 仙台鎮台の管轄区域として第二軍管区が発足。
第二軍管区 - 青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県
師管区(師団名)
  • 明治21年(1888年) - 仙台鎮台を第2師団に改編。
第二師管区 - 青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県
  • 明治38年(1905年) - 第8師団・第13師団創設後。
第八師管区 - 青森県・岩手県・秋田県
第二師管区 - 宮城県・山形県・福島県
  • 大正14年(1925年) - 宇垣軍縮後。
第八師管区 - 青森県・岩手県・秋田県・山形県
第二師管区 - 宮城県・福島県・新潟県(長野県の一部を含む)
師管区(地名)
  • 昭和16年(1941年) - 師管区の呼び方を師団名から地名に変更。
弘前師管区 - 青森県・岩手県・秋田県・山形県
仙台師管区 - 宮城県・福島県・新潟県
東北軍管区
  • 昭和20年(1945年) - 本土決戦に備え第11方面軍司令部が東北軍管区司令部を兼ねる。
東北軍管区 - 青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県

人事編集

※第11方面軍幹部が兼任

司令官編集

  • (兼)吉本貞一 中将:昭和20年(1945年)2月1日 - (第11方面軍司令官)
  • (兼)藤江恵輔 大将:昭和20年(1945年)8月22日 - (第11方面軍司令官)
  • 野田謙吾 中将:昭和20年(1945年)10月15日 - 11月30日

参謀長編集

  • (兼)石井正美 少将:昭和20年(1945年)2月1日 - (第11方面軍参謀長)
  • 今井一二三 少将:昭和20年(1945年)8月7日 -

参謀副長編集

  • (兼)前沢長重 少将:昭和20年(1945年)6月1日 - (第11方面軍参謀副長)
  • 中山寧人 少将:昭和20年(1945年)10月27日 -

脚注編集

  1. ^ 宇垣軍縮で村松から高田に移転した歩兵第30連隊が第2師団に所属し(高田に在った歩兵第58連隊は廃止)、この時点の高田連隊区には長野県の一部も含まれた。

関連項目編集