メインメニューを開く

東名スポーツ(とうめいスポーツ、Tomei Sports)は静岡県駿東郡小山町に本社を置くレーシングマシンメンテナンス会社。

株式会社 東名スポーツ
Tomei Sports
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
410-1327
静岡県駿東郡小山町棚頭1302-1
設立 1985年11月
業種 輸送用機器
法人番号 1080101004189
事業内容 レーシングカーメンテナンス
代表者 代表取締役社長 中野啓吉
外部リンク http://www.tomei-sports.co.jp
テンプレートを表示
2015年度GT300参戦車両(日産・GT-R)

概要編集

主な業務としてモータースポーツ事業 、コンポジット事業、試作開発事業、一般市販車両関連事業を行っている。主にスーパー耐久シリーズやSUPER GTシリーズ等のマシンメンテナンスを行っており、他にもポルシェカレラカップ(ワンメイクレース)やスーパーカーレースシリーズ、チャレンジカップに参戦しているマシンのメンテナンスも行っている。

歴史編集

東名スポーツの前身となる東名自動車(現:東名パワード)は日産自動車ワークスドライバーとして名を知られた鈴木誠一によって、レース専門会社として設立。

ドライバーであり、名チューナーであった鈴木誠一は日産セドリックフェアレディZ432スカイラインGT-RでのGT部門連勝など数々のレースで上位の戦績を納め、多くの伝説を残した。

1985年に同社の一部有志が独立する形で、中野啓吉が代表となり「東名スポーツ」および「東名エンジン」が設立された。その後、全日本F3選手権に参戦しチャンピオンも獲得している(1992年/アンソニー・レイド)。

外部リンク編集