東和広 (スキージャンプ)

元スキージャンプ選手

東 和広(ひがし かずひろ、1968年7月2日 - )は、日本の元スキージャンプ選手。双子の弟昭広、弟のとともに「東三兄弟」と呼ばれた。1998-99シーズンを最後に現役を引退した。北海道余市郡仁木町出身。北海道余市高等学校卒業。元日本空調サービス所属。

スキージャンプ・ワールドカップで3度ベスト10に入る。最高順位は1991年にノルウェーオスロで行われた大会での7位。

1991年のノルディックスキー世界選手権ではラージヒル、ノーマルヒル共に一本目首位だったが二本目で距離を伸ばせずラージヒル10位、ノーマルヒル5位に終わった。

主な優勝記録編集

1990年
1991年
1995年
1996年
1997年

関連項目編集

外部リンク編集