メインメニューを開く

東員インターチェンジ

日本の三重県員弁郡東員町にある東海環状自動車道のインターチェンジ

東員インターチェンジ(とういんインターチェンジ)は、三重県員弁郡東員町にあるC3東海環状自動車道インターチェンジ(IC)である[1]。ここから、新四日市JCTまでは片側2車線、大安IC方面は暫定2車線となる。

東員インターチェンジ
本線から望む東員インターチェンジ
本線から望む東員インターチェンジ
所属路線 C3 東海環状自動車道
IC番号 20
料金所番号 06-119
本線標識の表記 国道365号標識 東員
起点からの距離 151.5km(豊田東JCT起点)
大安IC (6.4km)
(1.4km) 新四日市JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0365.svg国道365号員弁バイパス
供用開始日 2016年(平成28年)8月11日
所在地 511-0255
三重県員弁郡東員町大字長深(ながふけ)抜井(ぬくい)
テンプレートを表示

目次

概要編集

三重県内の東海環状自動車道で最初に開通したインターチェンジである[1]

用地買収や土工など道路本体は国が施工し、料金所、情報板等はNEXCO中日本が施工した[2]

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

 
料金所

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情によって変更される場合がある[6]

入口
  • レーン数:2[6]
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1
出口
  • レーン数:3[6]
    • ETC専用:2
    • 一般:1(自動精算機)

編集

C3 東海環状自動車道
(19) 大安IC - (20) 東員IC - (1) 新四日市JCT

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d 遠藤康訓「地域活性化へ期待 四日市JCT-東員IC 開通に住民ら」、中日新聞(三重版)、2016年8月12日付朝刊、8ページ
  2. ^ 中日本高速道路(株)名古屋支社(2016-11号) 2016, p. 29.
  3. ^ 東海環状自動車道および新名神高速道路のインターチェンジ・ジャンクションの名称が決定”. 国土交通省中部地方整備局中日本高速道路 (2015年5月20日). 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ 中日本高速道路(株)名古屋支社(2016-11号) 2016, p. 28.
  5. ^ C3 東海環状自動車道 大安IC〜東員IC間が平成31年3月17日(日)16時に開通 (PDF)”. 国土交通省中部地方整備局・中日本高速道路 (2019年2月6日). 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ a b c 料金所ナビまっぷ 東海環状道 (PDF)” (日本語). 中日本高速道路. 2019年2月6日閲覧。

参考文献編集

  • 中日本高速道路(株)名古屋支社(2016-11号)「紹介 新名神高速道路(四日市JCT~新四日市JCT)、東海環状自動車道(新四日市JCT~東員IC)の開通」、『高速道路と自動車』第59巻第11号、公益財団法人高速道路調査会、2016年11月、 28-31頁。

外部リンク編集