メインメニューを開く

東園 基文(ひがしその もとふみ、初名は伊達 宗文[1]1911年1月28日 - 2007年4月12日)は、日本華族東園家14代当主。

伊達邦宗伯爵三男として生まれ、東園基光子爵相続人となる。妻は元皇族東園佐和子。戦後は、宮内庁掌典長神社本庁統理などを務めた。

人物・経歴編集

宮城県仙台市出身。学習院を経て北海道帝国大学農学部に進学した[2]。同大学では馬術部に所属し、1931年に出場した第3回全日本学生馬術選手権大会で優勝したほか、第2代主将を務めた[1][2][3]。1934年大学を卒業し、東宮傅育官任官。同年大日本帝国陸軍騎兵少尉。1940年皇后事務官日本の降伏後、1947年宮内府事務官兼侍従東宮侍従。1977年からは掌典長を務め、即位の礼大嘗祭にあたった。そのほか、明仁上皇常陸宮正仁親王へ馬術の指導も行った[2]。1982年従三位勲二等瑞宝章。1998年神社本庁統理、伊勢神宮崇敬会会長。2001年神社本庁顧問。2007年4月12日に肺炎のため目黒区内の病院で死去。同年5月18日青山葬儀所で葬儀が行われ、常陸宮正仁親王正仁親王妃華子島津久永島津貴子らが参列した[3][4]

2008年1月19日、日本馬術連盟より同連盟功労者に選出され、功労者賞が追贈された[2](同賞は同年2月26日に長男の東園基政より北海道大学馬術部へ寄贈された[5])。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 全日本学生馬術選手権大会(貸与馬)成績 1930 - 1960年 - 北海道大学馬術部、2018年9月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 東園基文氏に日本馬術連盟から「功労者賞」 - 北海道大学馬術部後援会、2018年9月24日閲覧。
  3. ^ a b 東園基文氏を偲んで - 北大馬術部、2018年9月24日閲覧。
  4. ^ 「東園基文氏死去/元宮内庁掌典長」 - 『四国新聞』、2007年4月19日20時19分配信、2018年9月24日閲覧。
  5. ^ 東園基文氏「功労者賞」を北大馬術部へ寄贈 - 北海道大学馬術部後援会、2018年9月24日閲覧。



日本の爵位
先代:
東園基光
子爵
東園家第3代
1934年 - 1947年
次代:
華族制度廃止
その他の役職
先代:
細川護貞
神社本庁統理
1998年 - 2001年
次代:
久邇邦昭
先代:
細川護貞
伊勢神宮崇敬会会長
第6代:1998年 - 2006年
次代:
豊田章一郎