メインメニューを開く

東境町 (刈谷市)

愛知県刈谷市の地名

地理編集

刈谷市北部に位置し[6]、東は豊田市西岡町大島町中田町、西は西境町、南は一里山町今岡町今川町、北は井ヶ谷町に接する。

編集

町域内に、以下に示すが置かれる[7]。 飯島・伊賀淵・池田・石神・入が原・大池・大坪・奥町屋・唐池・神田・京和・銀河・児山・申塚・下池・上野・昭山・新池・新林・住吉・高山・登り坂・光ケ丘・堀池・前田・曲り・町屋・松ケ枝・松本・間野四郎・丸山・緑ケ丘・南丸山・向イ郷・焼田・藪下・山之田・山之間下・山畑・吉野・若松。(以上五十音順)

河川・湖沼編集

  • 岩ケ池

歴史編集

碧海郡東境村を前身とする。

町名の由来編集

境川の左岸を境村と呼び、その東にあたることによる[1]

沿革編集

行政区の変遷編集

東境村
廃止日 1889年10月1日
廃止理由 新設合併
東境村 → 境村
現在の自治体 刈谷市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
碧海郡
東境村役場
所在地 愛知県碧海郡東境村
 表示 ウィキプロジェクト
明治1年-明治21年 明治22年-明治24年 明治24年-明治39年 明治39年-昭和30年 昭和30年-現在
碧海郡 泉田村 明治11年合併
逢見村
逢見村 逢見村 明治39年合併
富士松村
昭和30年合併
刈谷市
今岡村
今川村
一ツ木村 一ツ木村 一ツ木村 一ツ木村
築地村 築地村
井ヶ谷村 井ヶ谷村 境村 境村
西境村 西境村
東境村 東境村 明治24年分村
東境村

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)6月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

町丁 世帯数 人口
東境町 3,450世帯 7,623人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 7,227人 [8]
2000年(平成12年) 7,240人 [9]
2005年(平成17年) 7,508人 [10]
2010年(平成22年) 7,752人 [11]
2015年(平成27年) 7,565人 [12]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13][14]

小字 小学校 中学校
石神、大池、大坪
奥町屋、光ケ丘、町屋
向イ郷、吉野、若松
焼田、山之田
松ケ枝の一部
刈谷市立富士松北小学校 刈谷市立富士松中学校
その他 刈谷市立富士松東小学校

交通編集

施設編集

寺社
  • 祖母神社
  • 豊興神社
  • 泉正寺
  • 永源寺
  • 来岸寺

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1111.
  2. ^ 愛知県刈谷市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ a b 町丁別人口” (日本語). 刈谷市 (2019年6月3日). 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1668.
  7. ^ 愛知県刈谷市東境町 - Yahoo!地図”. 2018年9月17日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ 小学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ 中学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  15. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集