東天下茶屋停留場

日本の大阪府大阪市阿倍野区にある阪堺電気軌道の停留場

東天下茶屋停留場(ひがしてんがちゃやていりゅうじょう)は、大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町3番地、あるいは同区晴明通12番地にある阪堺電気軌道上町線停留場駅番号HN04

東天下茶屋停留場
住吉・我孫子道方面のりば(2007年7月)
ひがしてんがちゃや
HIGASHI-TENGACHAYA
HN03 松虫 (0.4 km)
(0.7 km) 北畠 HN05
地図「松虫塚」は当停留場の北にある
所在地 大阪市阿倍野区阿倍野元町3番地および阿倍野区晴明通12番地
北緯34度37分57.5秒 東経135度30分30.48秒 / 北緯34.632639度 東経135.5084667度 / 34.632639; 135.5084667座標: 北緯34度37分57.5秒 東経135度30分30.48秒 / 北緯34.632639度 東経135.5084667度 / 34.632639; 135.5084667
駅番号 HN04
所属事業者 阪堺電気軌道
所属路線 上町線
キロ程 1.6 km(天王寺駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1900年明治33年)9月20日
テンプレートを表示

歴史 編集

  • 1910年明治43年)10月:南海上町線の開業と同時に当駅設置。
  • 1944年昭和19年)6月:会社合併のため近畿日本鉄道の停留所になる。
  • 1947年(昭和22年)6月:会社分離のため南海電気鉄道の停留所になる。
  • 1980年(昭和55年)12月:南海電気鉄道からの分社により、阪堺電気軌道の停留所となる。

停留場構造 編集

専用軌道上にあり、単式ホームが晴明通を挟んで千鳥式に配置された2面2線の構成となっている。また、どちらのホームにも上屋が存在する。 ホームは上下線とも踏切の手前に配置されている。なお、この踏切は第3種踏切であったが、遮断機を設置し、2007年平成19年)12月21日午前10時より第1種踏切へ格上げとなった。

のりば 編集

上り 上町線 天王寺駅前方面 天王寺駅前
下り 住吉・我孫子道・浜寺駅前方面
阪堺線直通
我孫子道
浜寺駅前

利用状況 編集

上町線の中では朝通勤時間帯を中心に利用客はかなり多い。

停留場周辺 編集

 
松虫塚(2016年11月)

いわゆる路面電車の停留場ながら、「東天下茶屋駅前商店街」という駅前商店街を擁する。

隣の停留場 編集

阪堺電気軌道
上町線
松虫停留場 (HN03) - 東天下茶屋停留場 (HN04) - 北畠停留場 (HN05)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注 編集

関連項目 編集