メインメニューを開く

東 孝(あずま たかし、1949年5月22日 - )は、日本武道家柔道極真空手)。打撃系総合武道・空道の創始者。大道塾創立者・代表師範・塾長。NPO法人国際空道連盟・一般社団法人全日本空道連盟理事長。みなと気仙沼大使[1]。大道塾空道九段、極真武道会八段の他、講道館柔道参段を允許されている。

東 孝
Azuma Takashi.jpg
生誕 (1949-05-22) 1949年5月22日(70歳)
日本の旗 日本宮城県気仙沼市
国籍 日本の旗 日本
スタイル 空道
師匠 山崎照朝佐藤勝昭大山倍達

目次

来歴編集

宮城県気仙沼市出身。

宮城県気仙沼高等学校時代に柔道を習得。卒業後、陸上自衛隊を経て、早稲田大学第二文学部在学中1971年(昭和46年)に極真会館に入門し空手道に取り組む。

早稲田大学極真空手部(早大極真会)創設・初代主将。山崎照朝佐藤勝昭らに指導を受ける。その後、極真会館が主催する選手権大会に参戦し、人間機関車と称された。得意技はローキック

極真会館宮城県支部を前任の宮本和範から引き継ぎ、支部長に就任。北斗旗大会の前身にあたるミヤギテレビ杯全東北空手道選手権大会を開催していた。

1981年(昭和56年)には、極真カラテでの禁じ手を解禁した、手による顔面攻撃・投げ技ありの「格闘空手」・大道塾を設立。後にはさらに絞め技を取り入れ、自流の武道として空道を名乗っている。

格闘技論編集

大道塾の創立当初、東は「本当に他の競技にも負けない空手、実戦では負けない空手を作りたいが、現時点ではそうではない」と弱気であった。様々な格闘技から10人の代表を出すと、一番強いのは大相撲、2番目がレスリングの130㎏超級(現在の国際大会では廃止された階級)、3番目がボクシングヘビー級であり、それでは空手は何番目になるのだと師である大山倍達に反旗を翻すようなことを言ってしまった。格闘技を題材とした作品を主体とする漫画家板垣恵介は「そこまで相撲がすごいということだ」と東が1位に相撲を挙げたことについて説明している[2]

戦績編集

主な著書編集

出演編集

映画

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ みなと気仙沼大使”. 気仙沼市 (2019年2月22日). 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ スポーツ報知 大相撲ジャーナル』2019年3月号、アプリスタイル、2019年2月28日、 4-5頁。

関連項目編集

外部リンク編集