メインメニューを開く

東宝スコープ(とうほうスコープ)は、映画会社・東宝1950年代後半に開発したアナモルフィック・レンズによる日本の映画のワイドスクリーン・システムである。「シネマスコープ」の人気に応えて独自に開発されたが、技術的特徴はシネマスコープとほとんど同一である。画面アスペクト比は「2.35:1」。

目次

略歴・概要編集

東宝スコープを最初に採用した作品は、「東宝スコープ第一回作品」と銘打って1957年(昭和32年)7月13日に公開された杉江敏男監督のカラー映画『大当り三色娘』であり、色彩はイーストマンカラーを採用した[1]。日本初のスコープサイズの映画は、その3か月前の同年4月2日に東映が公開したカラー映画『鳳城の花嫁』での「東映スコープ」であった[2]

1958年(昭和33年)、『大怪獣バラン』では「東宝パンスコープ」を採用したが「東宝パンスコープ」を採用した映画はこの作品のみだった。

1965年(昭和40年)には安価な代用システムに替わり、東宝スコープのレーベルはなくなった。

2004年(平成16年)の『ゴジラ FINAL WARS』で、北村龍平監督は数多の特撮映画へのオマージュとして、東宝スコープのタイトルロゴをオープニングに再び登場させた。

その翌年に製作された『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズでも冒頭に東宝スコープのロゴが登場している。

フィルモグラフィ編集

おもな東宝スコープ作品。

脚注編集

  1. ^ 大当り三色娘キネマ旬報、2009年11月17日閲覧。
  2. ^ 鳳城の花嫁、キネマ旬報、2009年11月17日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集