メインメニューを開く

東宝歌舞伎(とうほうかぶき)は1955年昭和30年)から1983年(昭和58年)まで長谷川一夫を中心に東宝歌舞伎に進出した公演、劇団名。邦楽以外に洋楽も入り、女優とも共演し、商業演劇に近い。

六代目中村歌右衛門、十七代目中村勘三郎、二代目中村扇雀らが参加。

1961年八代目松本幸四郎一門が、松竹から東宝へ移り歌舞伎界に衝撃を与えたが11年後に東宝からも離れた[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年3月28日付け中日新聞朝刊34面