メインメニューを開く

東富丘仮乗降場(ひがしとみおかかりじょうこうじょう)は、かつて北海道網走支庁常呂郡常呂町(現・北見市常呂町)富丘に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)湧網線仮乗降場廃駅)である。湧網線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月20日に廃駅となった。

東富丘仮乗降場
ひがしとみおか
Higashi-Tomioka
北見富丘 (2.5km)
(2.1km) 北見共立
所在地 北海道北見市常呂町富丘
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 湧網線
キロ程 51.9km(中湧別起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月1日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月20日
備考 湧網線廃線に伴い廃駅
距離は実キロ
テンプレートを表示
1977年の東富丘仮乗降場と周囲約500m範囲。右が網走方面。南にイワケシ山を望む常呂川下流の畑作地帯のど真ん中にポツンと設けられている。周囲の民家は互いに500mから1km程離れて点在する。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

一部の普通列車は通過した(1986年(昭和61年)3月3日改正時点で、下り4本上り3本[1])。

歴史編集

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。

廃止時まで仮乗降場であり、無人駅となっていた。

駅名の由来編集

当仮乗降場の所在地「富丘」の東に位置したために、[2]「東」を冠した。

駅周辺編集

原野や畑が広がる。網走バスが運行する廃止代替バスなど、路線バスは道路事情の関係で近隣を走行しない。

  • ライトコロ川[3]

駅跡編集

2011年(平成23年)時点では、鉄道関連の遺構は何も残されておらず、駅の設置場所が確認できるのみであった[4]

隣の駅編集

日本国有鉄道
湧網線
北見富丘駅 - 東富丘仮乗降場 - 北見共立駅

脚注編集

  1. ^ 太田幸夫『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』富士コンテム、2004年2月、216頁。ISBN 978-4893915498
  2. ^ 太田幸夫『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』富士コンテム、2004年2月、170頁。ISBN 978-4893915498
  3. ^ 『北海道道路地図 改訂版』地勢堂、1980年3月、19頁。
  4. ^ 本久公洋『北海道の鉄道廃線跡』北海道新聞社、2011年9月、105頁。ISBN 978-4894536128

関連項目編集