メインメニューを開く

東屋五郎

数学者

東屋 五郎(あずまや ごろう、1920年2月26日[1] - 2010年7月8日)は、日本数学者神奈川県横浜市出身[2]

経歴編集

1940年東京大学に入学[3]1949年彌永昌吉のもとで学位を取得[2]多元環の研究で知られており、東屋多元環英語版クルル・シュミット・東屋の定理、東屋の補題(いわゆる中山の補題)に名を残している。名古屋大学北海道大学などで教授を務め、亡くなる際にはインディアナ大学で教授を務めていた。1949年に中山正と共に第2回中日文化賞を受賞。

出典編集

  1. ^ Unterburger, Amy L. (1994), Who's who among Asian Americans, 1994-95, Detroit: Gale, p. 14, ISBN 0810394332 .
  2. ^ a b “Biography of Goro Azumaya”. Azumaya Algebras, Actions, and Modules. Contemporary Mathematics. 124. American Mathematical Society. (1992). ISBN 0-8218-5132-2. MR 1144022. (肖像写真あり)
  3. ^ 岩永, 恭雄、佐藤, 眞久 『環と加群のホモロジー代数的理論』 日本評論社2002年、282頁。ISBN 4-535-78367-5

外部リンク編集