東山通 (名古屋市)

Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
愛知県道60号標識

東山通(ひがしやまどおり)は、愛知県名古屋市を東西に走るメインストリートである広小路通愛知県道60号名古屋長久手線)の千種区東部と名東区(一部は長久手市)での名称である。また、名古屋市千種区の地名でもある(東山通1丁目 - 5丁目)[注釈 2]

東山公園前交差点の東行にある、東山通の起点の標識(右下は西行にある、広小路通の起点の標識)
大久田東交差点の西行、南西(長久手市)側にある「東山通」起点の標識[注釈 1]
本山交差点から平和公園口交差点にかけては東山通という町名もある
本路線上にある名古屋インターバス停と停車中の高速バス(ドリームなごや号)。本路線は名古屋ICと名古屋都心部(名駅)とを結ぶ路線であり、名古屋ICから出入りする高速バスが多く通る。

途中、名古屋市の東の玄関口である東名高速道路名古屋インターチェンジがあり、また、名古屋都心と市西部や長久手市方面、さらに東の愛知県道6号力石名古屋線[注釈 3]などを介して瀬戸市南部や日進市北部、豊田市北部[注釈 4]などを結ぶ[注釈 5]メインルートであるため、交通量は多い。愛知県道60号名古屋長久手線で東山通と呼ばれる区間は、大久田東交差点 - 名古屋インターが片側2車線である他は、片側3車線となっている[注釈 6]

広小路通と同じように電線は地中化されている[注釈 7]

広小路通と同じように沿線には店舗が多く立ち並ぶが、本路線の沿線に立ち並ぶ店舗は長久手市方面へ続くグリーンロード沿いも含めてロードサイド店舗的な性格が強い(特に「打越」交差点より東の名東区内で)。

区間編集

道路の通称名としての東山通の区間は愛知県道60号名古屋長久手線の東山公園前交差点(名古屋市千種区)から大久田東交差点(名古屋市名東区長久手市)までである[注釈 8]。両交差点には起点の標識が設置されている[注釈 1][注釈 9]

ただし、東山公園前交差点から西に1キロメートルほどのところにある本山交差点から、平和公園口交差点(東山公園前交差点から東に240メートル)までの道路沿いは東山通(ひがしやまおり)という町名になっているため、本山交差点から東山公園前交差点までの区間も含めて東山通と呼ぶこともある。

「東山通」の名は、1984年(昭和59年)に名古屋市が市内の道路の愛称を公募し制定した[2]

沿線の主な施設編集

千種区編集

名東区編集

長久手市編集

  • 東邦ガス 長久手研修センター
    • 長久手ガバナステーション

沿線の鉄道駅編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 大久田東交差点にある東山通起点の標識は名古屋市名東区にあり、街灯を兼ねた標識の支柱にも名古屋市の所有物である旨が記されている。ただし東山通起点の標識のすぐ前にあるKFC藤ヶ丘店は長久手市熊田にある。これはゼンリン住宅地図を見ると、名古屋市と長久手市との境界が東山通の中央分離帯ではなくて、歩道上にあるためである。
  2. ^ 紛らわしいが、「東山通」という地名があるのは、ガスト東山公園店の辺りより東を除いて広小路通である。
  3. ^ 有料区間である猿投グリーンロードを含む。
  4. ^ 2005年に豊田市に吸収合併された旧藤岡町小原村足助町旭町稲武町も含む。
  5. ^ さらに東の国道153号を経由した場合、奥三河長野県南信地方南信州地域なども含む。
  6. ^ 国道302号名古屋環状2号線)と交差する名東区上社JCT交差点の前後は信号のある交差点(上社JCT、上社駅西)を回避するため陸橋(通称:上社陸橋[1])となっており、陸橋2車線+地平1車線(いずれも片側)。
  7. ^ ただし名東区の本郷交差点 - 姫若交差点の東行は地中化されていない。姫若交差点から先は、グリーンロードと呼ばれる区間である長久手市の杁ヶ池交差点までが地中化されている。
  8. ^ したがって、大久田東交差点より東にある照が丘は、名東区であっても東山通の区間から外れる。
  9. ^ 名古屋IC - 大久田東交差点は、グリーンロードと呼ばれる区間でもある。[1]
  10. ^ なお、名古屋栄三越も同じ愛知県道60号(広小路通)沿いにある。
  11. ^ a b 東名ハイウェイバスの停留所が駅近くの当路線上にある。名古屋駅方面行きは降車専用、静岡東京方面行きは乗車専用である。

出典編集

  1. ^ 上社陸橋の耐震補強工事が竣工致しました。
  2. ^ 『広報なごや』1985年(昭和60年)1月号 p11. 名古屋市鶴舞中央図書館

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ ただし、路面電車が通っていた頃は「東山通」の通称は無かった。前述の通り「東山通」の名称が制定されたのは、路面電車の廃止から20年以上が経過した1984年である。