東川端町

愛知県豊田市にある地名
日本 > 愛知県 > 豊田市 > 東川端町

東川端町(ひがしかわばたちょう)は、愛知県豊田市にある地名。字が15ある。

東川端町
東川端町の位置(愛知県内)
東川端町
東川端町
東川端町の位置
北緯35度7分0.6秒 東経137度18分55.7秒 / 北緯35.116833度 東経137.315472度 / 35.116833; 137.315472
日本の旗 日本
都道府県 愛知県
市町村 豊田市
地区 足助地区
町名制定[1] 2005年平成17年)4月1日
面積
 • 合計 2.03 km2
人口
2019年(令和元年)7月1日現在)[2]
 • 合計 22人
 • 密度 11人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-2301[3]
市外局番 0565(豊田MA[4]
ナンバープレート 豊田

地理 編集

豊田市中央部、および足助地区(旧東加茂郡足助町)中央部に位置する[5]。東は安実京町、西は沢ノ堂町、南は葛沢町戸中町、北は野林町岩神町に接する[5]

字一覧 編集

(五十音順・読みはYahoo!地図[6]

  • 阿取田和(あとりだわ)
  • 入洞(いりほら)
  • 上川通(かみかわみち)
  • 川向山(かわむこうやま)
  • 猿戸屋(さるとや)
  • 三升蒔(さんしょうまき)
  • 下川通(しもかわみち)
  • 百々(どうど)
  • 中川上(なかがわかみ)
  • 中川通(なかがわみち)
  • 橋戸(はしと)
  • 平地(ひらち)
  • 平附(ひらつき)
  • 水戸(みずと)
  • 峰ノ洞(みねのほら)

歴史 編集

地名の由来 編集

従来大字川端であったが、東加茂郡足助町が豊田市へ編入された際、旧来からの豊田市域に川端町がある[7]ため方角を加えて東川端町となった[1]。当地は巴川とその支流である神越川の合流地点に所在している[7]

沿革 編集

世帯数と人口 編集

2019年(令和元年)7月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
東川端町 - 22人

人口の変遷 編集

国勢調査による人口の推移

2005年(平成17年) 31人 [8]
2010年(平成22年) 27人 [9]
2015年(平成27年) 24人 [10]

学区 編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

番・番地等 小学校 中学校
全域 豊田市立足助小学校 豊田市立足助中学校

施設 編集

交通 編集

その他 編集

日本郵便 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c 日本郵便. “郵便番号検索 愛知県豊田市”. 2014年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c 豊田市の人口 2019年7月1日現在人口 詳細データ - 町別面積・人口・世帯数”. 豊田市 (2019年7月11日). 2019年7月15日閲覧。
  3. ^ a b 東川端町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年7月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 2005.
  6. ^ Yahoo!地図 愛知県豊田市東川端町”. 2014年12月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 455.
  8. ^ 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 2019年度豊田市立小中学校区一覧表” (PDF). 豊田市 (2019年6月26日). 2019年7月15日閲覧。
  12. ^ 郵便番号簿 2018年度版” (PDF). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献 編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 23 愛知県』角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5 

関連項目 編集

外部リンク 編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、東川端町に関するカテゴリがあります。