メインメニューを開く

東建ホームメイトカップ

東建ホームメイトカップ(Token Homemate Cup)はJAPANゴルフツアーの日本国内開幕戦で、毎年4月(3月中旬に行われた年もある)に行われている男子ゴルフトーナメントであり、その名の通り、東建コーポレーションの主催で行われている。

Golf pictogram.svg東建ホームメイトカップ
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1993年
(東建コーポレーションカップとして)
開催地 三重県
開催コース 東建多度カントリークラブ・名古屋
基準打数 Par71(2019年)[1]
ヤーデージ 7081Yards(2019年)[1]
主催 東建コーポレーション株式会社
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億3000万円(2019年)[1]
開催月 4月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -21 オーストラリアの旗 ウェイン・パースキー
(2006年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
オーストラリアの旗 ブレンダン・ジョーンズ(2019年)[1]
テンプレートを表示

概要編集

1993年東建コーポレーションカップとしてスタート。2000年までは鹿児島県祁答院町(現・薩摩川内市)の祁答院ゴルフ倶楽部を舞台にして行われ、2001年は主催者が所有するゴルフ場がある三重県に開催地を移動した。2002年は再び鹿児島県で行われたが、2003年から現在の大会名に変更するとともに、開催地を三重県に固定した。2006年は同じ主催者所有のゴルフ場がある岐阜県で行われている。

長年にわたりJAPANゴルフツアーの開幕戦として行われてきた。しかし、実際は前年の12月に行われるアジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントが実質上開幕戦となり、この大会は2戦目に当たっていた。なお、同大会は2005年の大会をもって廃止されたため、2007年以降は再び開幕戦となる。また、最終日には大会イメージキャラクターの萬田久子や、大会イメージソングを歌う山本譲二中村雅俊が会場に来場している。

2019年現在、賞金総額1億3000万円、優勝賞金2600万円[1]。また2009年のみ「JGTO中部スプリング・ダッシュ賞」が制定され、この大会と2週間後に行われた中日クラウンズの成績をポイント化し、2戦合計の最多得点者に1000万円の賞金が贈られた。

歴代優勝者編集

東建コーポレーションカップ
開催回 開催年 優勝者名 スコア 開催ゴルフ場
第1回 1993年   飯合肇 -12 祁答院ゴルフ倶楽部
第2回 1994年   クレイグ・ウォーレン -8
第3回 1995年   トッド・ハミルトン -7
第4回 1996年   金子柱憲 -13
第5回 1997年   尾崎将司 -19
第6回 1998年   飯合肇 -16
第7回 1999年   尾崎将司 -15
第8回 2000年   芹澤信雄 -7
第9回 2001年   片山晋呉 -8 多度カントリークラブ
第10回 2002年   谷口徹 -16 祁答院ゴルフ倶楽部
東建ホームメイトカップ
開催回 開催年 優勝者名 スコア 開催ゴルフ場
第11回 2003年   アンドレ・ストルツ -6 東建多度カントリークラブ・名古屋
第12回 2004年   藤田寛之 -3
第13回 2005年   高山忠洋 -5
第14回 2006年   ウェイン・パースキー -21 東建塩河カントリー倶楽部
第15回 2007年   上田諭尉 -8 東建多度カントリークラブ・名古屋
第16回 2008年   宮本勝昌 -8
第17回 2009年   小田孔明 -10
第18回 2010年 -1
第19回 2011年   高山忠洋 -8
第20回 2012年   ブレンダン・ジョーンズ -15
第21回 2013年   塚田好宣 -9
第22回 2014年   宮里優作 -14
第23回 2015年   マイケル・ヘンドリー[2] -15
第24回 2016年   金庚泰[3] -13[注 1]
第25回 2017年   梁津萬(リャン・ウェンチョン)[4] -16
第26回 2018年  重永亜斗夢[5] -12
第27回 2019年   ブレンダン・ジョーンズ[1] -15

テレビ放送編集

  • 基本的にテレビ東京をはじめとするTXN系列での放映となっている。BSテレ東での放送は2013年以降行われていない。
    • ただし地元の三重テレビ(テレビ放送が行われる週末は、競馬中継を放送する関係もあり録画中継)、さらには岐阜放送でも放映されている。また、静岡放送(TBS系列)でも放映されている(ただし、土日とも深夜での遅れネット)。 2000年までは開催地の南日本放送が制作協力に加わっていた。
    • 2009年は2008年の大会で5位に終わったものの未だ人気を保つ石川遼が2009年4月9日から開催されたマスターズ・トーナメントを終えて帰国した最初に出場する大会であることも関係してか、同年4月16日の予選1日目から4日間の大会期間中に地元のTXN系列局のテレビ愛知が深夜にハイライト放送を実施したほか、決勝1日目・2日目となる18日・19日は午前中に見どころなどを放送する関連番組を放送した。4月17日の予選最終日はテレビ北海道テレビせとうちを除くTXN系列と会場地元の三重テレビが中継を実施、4月18日・19日はTXN系列と宮城テレビ放送広島テレビ放送びわ湖放送で放送された。
  • また、CS放送スカイAでも「GOLF×GOLF(西暦)」として決勝ラウンドの模様を後日一挙放送する。ただし地上波と同一内容で、スポンサーCMは一切放送されない。

脚注編集

注釈編集

  1. ^   近藤智弘(当時の登録名は近藤共弘)とのプレーオフを制す。

出典編集

  1. ^ a b c d e f “B・ジョーンズが今季初勝利 小田孔明は3位”. nikkansports.cpm. 日刊スポーツ新聞社. (2019年4月21日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201904210000433.html 2019年4月21日閲覧。 
  2. ^ “9度目”の山下和宏はまたも及ばず…ヘンドリーがツアー初勝利 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年4月19日閲覧
  3. ^ 賞金王キム・キョンテがPO制し優勝 熊本出身の永野は1打及ばず - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年4月17日閲覧
  4. ^ 梁津萬2勝目 前半一時首位陥落も精神持ち直し栄冠 - 日刊スポーツ、2017年4月16日閲覧
  5. ^ 重永亜斗夢が悲願の初優勝、石川遼から逃げ切った - 日刊スポーツ、2018年4月15日配信、同日閲覧

外部リンク編集