メインメニューを開く

東恩納 寛惇(ひがしおんな かんじゅん、1882年10月14日 - 1963年1月24日)は、日本の歴史学者である。沖縄県那覇市出身。

目次

経歴編集

1908年東京帝国大学史学科卒業後、東京府立一中教諭、府立高等学校法政大学拓殖大学等の教授を務めた[1]

主に歴代宝案研究し、多くの著書を残した。その多くは沖縄県立図書館に寄贈されている。なお、寄贈された著書は東恩納寛惇文庫として保存されている。沖縄史関係資料が乏しい中、寛惇が集めた資料、彼の著書は沖縄研究において重要な役割を果たしている。死後、琉球新報によって『東恩納寛惇賞』が創設されている。

年譜編集

エピソード編集

主な著書編集

単書編集

  • 『黎明期の海外交通史』
  • 『南島論攷』
  • 『南島風土記』
  • 『泰ビルマ印度』
  • 『南島通貨志』
  • 『羽地仕置』
  • 『琉球の歴史』
  • 『沖縄渉外史』
  • 『概説沖縄史』
  • 『尚泰侯実録』
  • 『庶民教科書としての六諭衍義』
  • 『琉球人名考』
  • 『維新前後の琉球』
  • 『泡盛雑考』

全集編集

  • 『東恩納寛惇全集』 1~10巻 別巻1

共著編集

脚注編集

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集