メインメニューを開く

東道諸王(とうどうしょおう)は、モンゴル帝国におけるチンギス・カンの諸弟(ジョチ・カサルカチウンテムゲ・オッチギンベルグテイ)を始祖とする、モンゴル高原東方に領地を持つ諸王家の総称である。東方諸王左翼諸王とも呼び、またこのうちベルグテイ王家のみ始祖が庶出のため格式が低く、これを外して東方三王家と呼称する場合もある。

これに対し、チンギス・カンの諸子(ジョチチャガタイオゴデイコルゲン)を始祖とする、モンゴル高原西方に領地を持つ諸王家を西道諸王、西方諸王、右翼諸王とも呼称する[1]

西道諸王が中央アジア東欧に大規模な領土を得てそれぞれ独立した政権(ジョチ・ウルスチャガタイ・ウルスオゴデイ・ウルス)として振る舞うようになっていったのに対し、東道諸王はカーン(大ハーン)の勢力下に留まり続け、また政変に当たってはオッチギン王家を中心として一体的行動をとることが多かった[2]

東道諸王は北元時代を経て清代にまで存続し、「」に編制された。中華人民共和国の行政区分においても、東道諸王に由来する旗名が現在でも多く残っている。

目次

名称編集

東道諸王はモンゴル帝国時代の史料上に様々な名称で登場し、漢文史料では「東方諸王」[3]、「東道諸王」[4][5]、「東部諸王」[6]ペルシア語史料では「左手(左翼)の諸王 (پادشاهزادگان دست چپ / Pādshāhzādgān-i dast-i chap)」などと表現されている。

このうち「東道諸王」という名称には、モンゴル高原と東方のアムール川流域を結ぶ北方交易路、「黒貂の道(セイブルロード)」を支配する諸王というニュアンスが込められていると推測されている[7]

17世紀頃より編纂されるようになったモンゴル年代記では、東道諸王のことを「オンリュート (Ongliγud)」[8]、「アバガ (Abaγa)」[9]、「アル・モンゴル (Aru Mongγol)」[10]という風に総称している。

歴史編集

1206年、モンゴル帝国を建国したチンギス・カンは、統治下の遊牧民を千人隊(ミンガン)として再編成し、95の千人隊が創設された。このうち、12の千人隊と西方の遊牧地がチンギス・カンの諸子に与えられ、また、12の千人隊と東方の遊牧地がチンギス・カンの諸弟に与えられ、それぞれモンゴル帝国の右翼(西道諸王)と左翼(東道諸王)と位置づけられた。カーン自らが指揮する中軍(コルン・ウルス)と、西道諸王の指揮する右翼及び東道諸王の指揮する左翼という三極構造がモンゴル帝国の基本形とされ、以後代々受け継がれた[11]

東道諸王は、ハーンの座を巡ってしばしば対立状態にあった西道諸王と違い、オッチギン王家を中心に常に政治的態度を一にしてきた。これは、遊牧民が同じ数(4千人)だけ割り振られた西道諸王と違って、東道諸王はオッチギン王家に与えられた遊牧民の数が圧倒的に多く、他の二王家が従属的な地位にあったことが影響したと見られる[12]

特にモンケ・カーンの死後に勃発したクビライアリク・ブケの間の帝位争いでは、三王家は一致してクビライを支持し、クビライの即位に多大な貢献を行った[13]。この功績のため、東道諸王はクビライの手で再編された大元ウルスの中で優遇されたが[14]、やがてクビライと対立するようになった。1287年、東道諸王はオッチギン家当主ナヤンを中心にナヤンの乱を引き起こしたが、クビライの迅速な対応によって短期間で叛乱は鎮圧された。しかし、チンギス・カンの定めたモンゴル帝国の基本形はクビライであっても崩すことができなかったため、東道諸王は全ての当主を代替わりさせた上で存続することとなった[15]

ナヤンの乱後、次第に東道諸王の結束は崩れてきたようで、天暦の内乱では大都派についたカサル家当主が上都派のオッチギン家当主を殺害するという事件まで起こっている[16]明朝が興り大元ウルスが北遷すると東道諸王も打撃を受け、ウリヤンハイ三衛に代表されるように、明朝に朝貢し衛所に組織される集団も現れた。

17世紀清朝が興ると、東道諸王の末裔たちも他のモンゴル人同様清朝の傘下に入った。特にカサル家の末裔たるホルチン部は清朝の皇室アイシンギョロ家と通婚し、清朝内で高い地位を誇った。清朝に帰順した諸部族は「」に編制され、この「旗」が現在に至る内モンゴルの行政区画の原型となっている。

東道諸王の末裔編集

カサル王家(ホルチン部ほか)編集

チンギス・カンの次弟ジョチ・カサルを始祖とする王家で、初封地はエルグネ川流域にあった[17]。カサル王家の投下領が山東地方(旧斉国領)にあったことから、ナヤンの乱終結後にカサル家当主となったバブシャは斉王に封ぜられ、以後の当主は代々斉王と称するようになった。

モンゴル語史料では北元時代にバートル・シューシテイ、斉王ボルナイ、ウネ・ボラトといったカサル裔の諸侯がホルチン部統治者として活躍したことが記録されている。後金(後の清朝)が興ると、地理的に最も近いカサル家は後金のアイシンギョロ家と通婚し、清朝内で高い地位を保持した。総じて北元時代・清朝時代を通じて、カサル王家は東道諸王の中で最も繁栄し、ホルチン部の他にゴルロス部ドルベト部ジャライト部ホシュート部といった多数の部族を輩出した。これらの部族は清代にジェリム盟(現在の内モンゴル自治区ヒンガン盟通遼市東半および吉林省の一部)に組織され、現在もホルチン区ホルチン左翼中旗ホルチン左翼後旗ホルチン右翼前旗ホルチン右翼中旗ジャライド旗などに名を残している。

カチウン王家(オンリュート部)編集

チンギス・カンの三弟カチウンを始祖とする王家で、初封地はウルゲン川(旧名:ウルクイ河)流域にあった[18]。元代には済南路(現在の済南市)を投下領としていたため、カチウン裔のエジルが済南王に封ぜられていた。

元末明初期の動向は不明であるが、永楽帝がモンゴリアに進出すると、カチウンの後裔であるモンケ・チャガン・ノヤンや卜剌罕衛がこれに帰順した。エセン・ハーンの没後にはカチウン裔で卜剌罕衛に属するドーラン・タイジが有力となり、彼の率いていた集団は後のトゥメト部の母体となった[19]。清代にはドーラン・タイジとは別の家系が清朝に帰順し、ジョーオダ盟所属のオンニュド旗に組織された[20]。中華人民共和国の行政区画であるオンニュド旗は、このオンニュド旗の後身である。

オッチギン王家(ウリヤンハイ三衛)編集

チンギス・カンの四弟テムゲ・オッチギンを始祖とする王家で、初封地はフルンボイル地方にあった[21]。オッチギン王家は東道諸王の中では最大の分封を受けており、ナヤンの乱に至るまで東道諸王の盟主的地位にあった。ナヤンの乱鎮圧後、新たにオッチギン家当主となったトクトア以後、オッチギン家当主は遼王と称するようになった[22]

明朝が興ると、オッチギン王家はウリヤンハイ三衛(モンゴル側からの呼称は山陽の六千オジェート)に組織されたが、16世紀頃にオッチギン王家の系譜は断絶した[23]

ベルグテイ王家(アバガ部・アバガナル部)編集

チンギス・カンの異母弟ベルグテイを始祖とする王家であるが、ベルグテイが庶出であるために待遇は他の東方三王家より低く、初封時は1千人隊長としての扱いであった[24]。元代には遼西の広寧一帯(現在の錦州市)を領地としていたため、ジャウドゥらが広寧王に封ぜられていた。

15世紀半ば、エセン・ハーン死後の混乱期にはベルグテイ王家からモーリハイ王が登場し、モーラン・ハーンを擁立するなど有力諸侯として知られた[25]。モーリハイの子孫はアバガ部、アバガナル部と称され、清朝に帰順してシリンゴル盟所属のアバガ左・右旗、アバガナル左・右旗を形成した[26]。この4旗は中華民国時代を経て、それぞれ合併してアバグ旗・アバグナル旗となり、さらにアバグナル旗は改称して現在シリンホト市と呼ばれている[27]

脚注編集

  1. ^ 白石2015、62-65頁
  2. ^ 杉山2004、40頁
  3. ^ 元史』巻3憲宗本紀「元年辛亥夏六月、西方諸王別児哥・脱哈帖木児、東方諸王也古・脱忽・亦孫哥・按只帯・塔察児・別里古帯、西方諸大将班里赤等、東方諸大将也速不花等、復大会於闊帖兀阿闌之地、共推帝即皇帝位於斡難河」
  4. ^ 『元史』巻4世祖本紀1「中統元年春三月戊辰朔、車駕至開平。親王合丹・阿只吉率西道諸王、塔察児・也先哥・忽剌忽児・爪都率東道諸王、皆来会、与諸大臣勧進……」
  5. ^ 『元史』巻9世祖本紀6「秋七月戊子朔……癸卯、諸王昔里吉劫北平王於阿力麻里之地、械系右丞相安童、誘脅諸王以叛、使通好於海都。海都弗納、東道諸王亦弗従、遂率西道諸王至和林城北」
  6. ^ 『元史』巻19成宗本紀2「二月甲午朔……庚子、詔東部諸王分地蒙古戍軍、死者補之、不勝役者易之」
  7. ^ これに対し、「シルクロード」を支配する諸王というニュアンスが込められた名称が「西道諸王」であると見られている(白石2015、62-65頁)。
  8. ^ 「王の部衆」の意。北元時代以後、東道諸王のみが「王 (ong)」と称していたことに由来する(Buyandelger 1998, 1-4頁)
  9. ^ 「叔父」の意。逆に西道諸王はaqa(「兄」の意)と呼ばれる(Buyandelger 1998, 4-5頁)。
  10. ^ 「北モンゴル」、あるいは「山陰のモンゴル」の意。ここでいう北や山陰というのは「ヒンガン山脈(大興安嶺)の北、山陰」という意味で、東道諸王がヒンガン山脈の東側に居住していたことに由来する(Buyandelger 1998, 5-6頁)
  11. ^ 杉山2004、40-57頁
  12. ^ 西道諸王と東道諸王はそれぞれ12の千人隊を与えられたが、西道諸王が4千人隊ずつ均等に分けられたの対し、東道諸王はカサル家1千人隊、カチウン家3千人隊、オッチギン家8千人隊(名目上は5千人隊であったが、ホエルン名義で割り振られた3千人隊も合算されるため、事実上8千人隊)という偏った割り振りとなっている(杉山2004、38-40頁)。
  13. ^ 杉山2004、95-116頁
  14. ^ 杉山正明は、クビライが新首都として現在の北京市方面を選んだのは、帝位継承戦争で貢献した東道諸王・「左手の五投下」といった北京一帯に領土を持つ諸侯に便宜を図る意図があったためではないかと推測している(杉山2004、131-139頁)。
  15. ^ クビライの死後、成宗テムルの時代にオッチギン王家の所領を削減すべしという漢人官僚による上奏が却下されたのも、同様の理由と見られる(杉山2004、211-212頁)。
  16. ^ 『元史』巻32,「[致和元年冬十月]辛丑……斉王月魯帖木児・東路蒙古元帥不花帖木児等以兵囲上都、倒剌沙等奉皇帝宝出降。梁王王禅遁、遼王脱脱為斉王月魯帖木児所殺、遂收上都諸王符印」(堀江1985、248-249頁)
  17. ^ 杉山2004、48頁
  18. ^ 杉山2004、48頁
  19. ^ Buyandelger 1998, 7-8頁
  20. ^ 清史稿』など一部の漢文史料では誤ってオンリュート部をオッチギン家の末裔とするが、モンゴル語史料に従ってカチウン家の末裔とするのが正しい(Buyandelger 1998, 8頁)
  21. ^ 杉山2004、48頁
  22. ^ Buyandelger 1998, 9-10頁
  23. ^ Buyandelger 1998, 2頁
  24. ^ 杉山2004、36-37頁
  25. ^ Buyandelger 1998, 7頁
  26. ^ 『清史稿』巻519「阿巴噶部:……元太祖弟布格博勒格図、十七伝至巴雅思瑚布林古特。子二、長塔爾尼庫同、号所部曰阿巴噶」
  27. ^ Buyandelger 1998, 7-10頁

参考文献編集

  • 岡田英弘『モンゴル帝国から大清帝国へ』藤原書店、2010年
  • 白石典之『チンギス・カンとその時代』勉誠出版、2015年
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 堀江雅明「テムゲ=オッチギンとその子孫」『東洋史苑』 龍谷大学東洋史学研究会、1985年
  • 吉田順一『アルタン・ハーン伝訳注』風間書房、1998年
  • 和田清『東亜史研究(蒙古篇)』東洋文庫、1959年
  • Buyandelger「往流・阿巴噶・阿魯蒙古 — 元代東道諸王後裔部衆的統称・万戸名・王号」『内蒙古大学学報』第4期、1998年