一般財団法人東方学会(とうほうがっかい)は、日本の学術系財団法人1947年昭和22年)に設立、東方文化の学術的研究の発達、東方諸国の文化の進展および国際文化の交流を目的とする、元は外務省所管[1]

事業 編集

  • 関係諸団体・会員との連絡・斡旋、世界学界との交流、日本国内外における研究業績の紹介・普及、著名な学者の招聘・派遣、文献資料の交換、講演会・談話会・国際会議の開催、出版など[1]を行う。事務局は東京都千代田区西神田2-4-1。

会誌 編集

  • 『東方学』、年2回(1月・7月)発行[2]

役員 編集

会長 編集

  1. 羽田亨
  2. 宇野哲人、理事長を経て会長[3]
  3. 石田幹之助
  4. 吉川幸次郎、理事長を経て会長
  5. 貝塚茂樹
  6. 山本達郎、退任後は没時まで名誉会長
  7. 神田信夫、退任後は没時まで顧問
  8. 高崎直道、退任後は没時まで顧問
  9. 池田温
  10. 吉川忠夫(現:顧問)

旧:理事長 編集

  1. 宇野哲人 
  2. 吉川幸次郎   
  3. 山本達郎  
  4. 護雅夫   
  5. 高崎直道 
  6. 服部正明(現:顧問)    
  7. 戸川芳郎(現:顧問)
  8. 興膳宏

理事長 編集

  1. 興膳宏。2009年~2015年[4]
  2. 池田知久。2015年6月に就任(現:顧問)
  3. 小南一郎。2019年6月に就任(現:顧問)
  4. 斎藤明。2021年6月に就任

脚注 編集

  1. ^ a b 沿革、目的
  2. ^ 『東方学回想』全9巻(刀水書房、2000年)を出版。
    過去に掲載された座談会での門下生達の回想で、構成は「先学を語る」6巻、「学問の思い出」3巻。
  3. ^ 1955年4月の羽田亨没後は、1965年5月まで宇野が実質会長兼理事長だった。
  4. ^ 2013年度より公益法人改革により、内閣府所管の一般財団法人となり理事長に一本化。
    会長および理事長時代も、慣習で交互に東大・京大出身の名誉教授が就いている。

関連項目 編集

外部リンク 編集