メインメニューを開く

東日本交通株式会社(ひがしにほんこうつう)は、岩手県盛岡市に本社を置く、貸切バス路線バスを運行する会社である。

東日本交通株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
020-0004
岩手県盛岡市山岸大平17-2
設立 1979年1月16日[1]
業種 陸運業
法人番号 8400001007070
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
一般貨物自動車運送事業
旅行業
代表者 松本順
資本金 3,750万円
従業員数 106名
主要株主 みちのりホールディングス 100%
外部リンク http://ej-bus.com/
テンプレートを表示

概要編集

岩手県を拠点として貸切バス・路線バスを運行している。1970年代に創業し岩泉町を拠点に貸切バス事業などを営む。創業者と縁のあったホテル東日本の宇都宮進出に合わせ、栃木県に宇都宮営業所を開設している。

2010年7月31日に発生したJR岩泉線土砂災害による脱線事故に伴う長期運休に伴い、同年8月2日より代行バスの運行を受託。その後同線の廃止に伴い、2014年4月1日より同代行バスを一般路線バスに転換し、路線バス事業に参入した。

2018年4月24日、高齢となった経営者からの申し出により、みちのりホールディングスが全株式を取得し傘下に収めた。これにより東日本交通は、岩手県のバス事業者では岩手県北自動車に次ぐ2社目のみちのりホールディングス傘下事業者となった。社長は岩手県北自動車の代表取締役社長が兼務する。みちのりホールディングス傘下入り後は、グループ会社である岩手県北自動車と連携を図るとしている[2][3]

また2019年9月に、岩手県外に唯一所在していた宇都宮営業所を、同じみちのりホールディングス傘下の関東自動車へ移管した。

営業所編集

過去に存在した営業所編集

  • 宇都宮営業所(栃木県宇都宮市
    • 岩泉中央観光時代にホテル東日本宇都宮の構内に開設。2019年9月に関東自動車へ移管され、同社の東日本上大曽営業所となった。

沿革編集

  • 1974年昭和48年)3月 - 中央観光創業。
  • 1979年(昭和54年)1月16日 - 有限会社岩泉中央観光として設立。
  • 1991年平成3年)3月 - 観光部門と清掃部門を子会社である有限会社中央清掃社に分社化。
  • 1993年(平成5年)7月 - 子会社として株式会社東日本サービスを設立。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月 - 一般貸切旅客自動車運送事業免許取得。
    • 4月 - 岩泉中央観光株式会社に社名変更。
  • 2001年(平成13年)7月 - 東日本交通株式会社に社名変更。
  • 2002年(平成14年)3月 - 東日本サービスを吸収合併。
  • 2010年(平成22年)8月2日 - 7月31日に発生したJR岩泉線の土砂崩れに伴う長期運転見合わせのため、岩泉駅 - 茂市駅( - 宮古駅)の列車代行バスの運行を受託。
  • 2014年(平成26年)3月 - 一般乗合旅客自動車運送事業免許取得。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 岩泉線の廃止に伴い、代替バス路線岩泉茂市線運行開始。
  • 2017年(平成29年)6月 - 本社を岩泉町から盛岡市へ移転。
  • 2018年(平成30年)4月 - みちのりホールディングス傘下となる。
  • 2019年令和元年)9月 - 宇都宮営業所を関東自動車に移管。

路線バス編集

岩泉茂市線編集

2014年(平成26年)4月1日より、岩泉線廃止代替バスとして運行開始。なお、一部区間は岩泉町民バスとバス停を共同使用するほか、回数券は岩泉町民バスのものと共通利用が可能となる。定期券は東日本交通の他、宮古駅でも発売しているが、宮古駅ではJR線の定期券と併用する場合のみ発売する[4]。以前は茂市駅でも発売されていたが、同駅の無人化により廃止された。代替処置として、バス車内に定期券申込用紙を設置し、必要事項と受取希望を記入して乗務員に渡せば、後日その希望するバスで定期券を受け取れるようにした。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要
  2. ^ みちのりHD、岩手県の東日本交通を傘下に”. 日本経済新聞 (2018年4月26日). 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ 東日本交通株式会社のみちのりグループ入りに関するお知らせみちのりホールディングス 2018年4月24日
  4. ^ 岩泉線に代わる路線バスの運行開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社、2014年2月27日

関連項目編集

外部リンク編集