東明慧日(とうみょう えにち、咸淳8年(1272年) - 暦応3年/興国元年10月4日1340年10月25日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての曹洞宗の僧。中国代の明州定海県の出身の渡来僧。俗姓は沈。法諱は慧日。号は東明。

9歳で大同寺で出家し、17歳で受戒した。天寧寺の直翁徳挙に師事して学び、諸国を遊学の後、明堂の白雲寺に住した。1309年延慶2年)、鎌倉幕府執権北条貞時の請来により来日し、翌1310年(延慶3年)鎌倉禅興寺に住した。1311年(延慶4年)円覚寺に移り、その後は山内に白雲庵を建てて隠居したが、その後も寿福寺建長寺の住持を歴任し、円覚寺に戻った。