メインメニューを開く

東映魔女っ子シリーズとは、1966年から1981年までの15年間断続的に続いた東映動画(後の東映アニメーション)製作の一連の魔法少女アニメの総称である。東映アニメーションの公式サイトにある『魔女っ子コレクション』[1]や関連書籍[2]では単に「魔女っ子シリーズ」と表記[注釈 1]されているが、本稿では他社の類似シリーズと区別して便宜上「東映魔女っ子シリーズ」と表記している。著書によっては「東映動画系魔法少女シリーズ」等、様々な呼称が存在する。ただし、いずれにおいても「魔女っ」表記は行われない。

またシリーズに含まれる作品の範囲について公式なアナウンスは無く、ラインナップは商品展開によって異なる。

目次

概要編集

後に製作される多くの魔法少女アニメの基礎、原点となる一連の作品群であり、主役となる魔法少女自身の立場や使われる魔法の意義、それらにおける主人公らの心情などが、各作品によりあらゆる形で描写されている。

一般に魔女っ子や魔法少女と呼ばれるテレビアニメの主人公には、生まれながらの魔法使い(多くの場合は王女など特別ないしは由緒ある身分)であるタイプと、ごく普通の人間が未知との遭遇により魔法のアイテムを入手するなどの後天的なタイプの2つのパターンに分類でき[4]、後年の葦プロダクションの類似シリーズは前者、ぴえろ魔法少女シリーズでは後者で特徴が固められている。これらに対し本シリーズはバラエティに富んでおり、『サリー』が前者、『アッコ』が後者の典型であるなど両者を含んでいる。中には『ルンルン』のように普通の人間として育てられながらもその正体は花の精の末裔だったというような折衷的な設定も存在する。さらには厳密には魔法使いですらない忍者やサイボーグの作品もあるが、それらはシリーズ展開によっては扱われないこともあり、シリーズの範囲は必ずしも明確ではない。

また、シリーズと言えど同社が後に製作する「おジャ魔女どれみシリーズ」や「プリキュアシリーズ[注釈 2]等とは異なり、このシリーズはあくまでも一連の作品群の呼称に過ぎず、次作の宣伝のための共演シーンは存在するものの、作品の世界観の継承や共有はいずれの作品においても全く存在しない。製作会社は異なるも[注釈 3]、この形態は長浜ロマンロボシリーズと同一である。

経歴編集

アメリカ製作のコメディドラマ『奥さまは魔女』が日本国内でもヒットしたことを受け、東映は魔法使いを扱ったアニメ作品の制作を企画した。当時の東映株式会社本社副社長であった渡邊亮徳は、人気漫画家であった横山光輝に原作の執筆を依頼し、制作が開始された。

そして1966年7月号より少女漫画雑誌『りぼん』にて『魔法使いサニー』の連載が開始したが、版権の問題で当作品は『魔法使いサリー』に改題されたうえでアニメ化、放送が開始した。この『魔法使いサリー』が、当シリーズの初回作に当たるのは先述の通りだが、同時に日本初の魔法少女アニメ、また日本初の女子を主演に置いたアニメ作品[5]とも言われる作品にも該当する。しかしこの作品は女子をメインターゲットにした作品でありながら、バラエティに富んだ作品性から、男子層からの人気も得ていたとされる。

『サリー』のヒットに当たり、同枠での後番組として制作放送された赤塚不二夫を原作に置く第2弾[2][6]ひみつのアッコちゃん』は視聴率的[注釈 4]にも前作を上回るヒット作となった。この時点で既に、スポンサーとの商品化の事情を把握したうえでの連携制作を行う形態が執られている。

第3弾[2][3]魔法のマコちゃん』では、『サリー』からの視聴層もターゲットに、視聴年齢の大幅な引き上げが行われたが、前2作に続くような人気は得られずに放送を終えた。

『マコ』の後番組である『さるとびエッちゃん』からは、「魔法使い」とは異なる「スーパーウーマンもの」も展開されるようになった。これを第4弾[2]と見なすこともあるが、「魔女っ子」としてのシリーズ展開には含まれないこともあり、これ以降のシリーズ作品のカウントは必ずしも共通見解の無いものとなった。

その後も枠を連ねシリーズ第5弾[2]魔法使いチャッピー』まで放送された後、男子向けアニメ及び『サリー』と原作者を同じとする『バビル2世』を挟んで[注釈 5]シリーズは再開。ひろみプロが企画、原作を担当する第6弾[2]ミラクル少女リミットちゃん』が放送された。このとき放送が企画された作品には先述の物と『キューティハニー』の2作が上がっており、双方の製作スタッフによる企画コンペが行われた結果、前者が当枠での放送作品に選出されたという経緯がある。後者は対象年齢を広げるアレンジが盛り込まれて別枠での放送となったが、こうした経緯から『キューティーハニー』は商品展開によって本シリーズに含まれたり含まれなかったりと扱いの分かれることになった。

同じ放送枠での第7弾[2]にあたる『魔女っ子メグちゃん』では、前作に引き続きひろみプロが原作を担当。魔法要素、コメディ要素、主人公の心情描写や男子層を引き込むための大胆なアダルテイストさなど、あらゆる点から見て本作が東映魔女っ子シリーズの集大成と言えるべき作品となっており、それを表すかのように当シリーズはここで一旦幕引きとなっている。

1978年にはそれまで長浜ロマンロボシリーズなどを手がけてきた東映テレビ部が少女アニメに初挑戦し、『魔女っ子チックル』の放送を開始した。放送局と放送時間はこれまでと同じテレビ朝日(1977年にNETテレビから名称変更)月曜19時台前半だったものの、これまでのような東映動画の作品ではなかったこともあり、本作はシリーズとして扱われない場合も少なくない。上記『キューティーハニー』の例もあり、これ以降のシリーズは「第○作目」というカウントについての定義がますます困難になり、見解の分かれることになった。

『メグ』の放送終了から4年後の1979年に『キャンディ・キャンディ』の後番組として本格的にシリーズが再開し、『花の子ルンルン』が放送を開始。枠を連ね、続いて放送された『魔法少女ララベル』にて、当シリーズはピリオドを打ったと見なされている[2]

終了の理由は、「昔と違い強くなった現代の女の子たちにとって、魔法があこがれの存在ではなくなった」という制作者サイドの判断によるものだった[7]

ただし、『ララベル』の後番組にあたる『ハロー!サンディベル』は引き続いて女子向けアニメである。

『ララベル』放送終了後の1988年には『アッコ』のリメイク作品が製作・放送され、次いで1989年には『サリー』のリメイク作品が製作・放送されている。『アッコ』に至っては、1998年に再度リメイク作品が製作されており、一部ながらシリーズは世代を越えて支持されている。

シリーズ一覧編集

シリーズ作品としての採用状況の例
作品 [例 1] [例 2] [例 3] [例 4] [例 5] [例 6] [例 7]
サリー[注 1]
アッコ[注 1]
マコ × ×
エッちゃん × × ×
チャッピー × ×
リミット × × ×
ハニー[注 1] × ×
メグ
チックル × × × × ×
ルンルン
ララベル ×
その他 - - -
[注 2]
- - -
注:
  1. ^ a b c 資料によってはリメイク作品を含む。
  2. ^ 美少女戦士セーラームーン。
資料:
  1. ^ 公式サイト 「魔女っ子コレクション」
  2. ^ ゲーム 「魔女っ子大作戦」
  3. ^ ぬりえ 「魔女っ子大作戦」
  4. ^ 書籍 「魔女っ子大全集 東映動画篇」
  5. ^ 書籍 「魔女っ子マテリアル」
  6. ^ CD 「歌いつがれる少女の夢 東映動画 魔法少女アニメ全集」
  7. ^ CD 「魔女っ子大作戦 スペシャル・ソング・コレクション」
    および 「魔女っ子 ミュージック・サンプラー」

シリーズとしての展開ではシリーズ内からいくつかの作品をピックアップするケースが多く、右表のように資料や商品展開ごとに作品のラインナップに大きな差異がある。東映アニメーションのウェブサイトでも特定の商品展開としてシリーズに言及しているのみであり、どの作品がシリーズに含まれるか否かについての統一的な見解は事実上存在しないに等しい。

NET系列月曜19時台前半編集

『サリー』から『メグ』までの7作品は同じ放送枠で展開されたこともあり、この放送枠の作品分については「第○弾」と言及している書籍もある[2]。しかしこの枠であっても、一部の作品は厳密な意味での魔法使いではなく、シリーズの商品展開には含まれないことがある。実際、東映アニメーション公式サイトの作品紹介では『アッコ』を「第2弾」[6]、『マコ』を「第3弾」[3]と言及しているものの、魔法使いではない『エッちゃん』[8]以降の作品では何作目かについての言及は特に見られなくなっている。

魔法使いサリー
ひみつのアッコちゃん
魔法のマコちゃん
さるとびエッちゃん
  • 原作 石森章太郎
  • 放送期間 1971年10月4日 - 1972年3月27日
  • 声の出演:エツ子…野村道子、ブク…永井一郎、ミコ…千々松幸子、太平…野島昭生、茂平…加藤修ほか
  • 話数 全26話
  • 厳密な意味での魔法ではなく忍術を題材とした近似ジャンル作品である。『魔女っ子コレクション』や『魔女っ子大作戦』など、シリーズを扱った商品展開では含まれていないことがある。公式サイト[8]では「一種のスーパーウーマンもの」と表現されている。
魔法使いチャッピー
  • 企画 飯島敬宮崎慎一
  • 放送期間 1972年4月3日 - 1972年12月25日
  • 声の出演:チャッピー…増山江威子、ジュン…千々松幸子、ドンちゃん…富田耕生、パパ…矢田耕司、ほか
  • 話数 全39話
  • 『魔女っ子コレクション』では含まれていない。
ミラクル少女リミットちゃん
  • 原作 永島慎二、ひろみプロダクション
  • 放送期間 1973年10月1日 - 1974年3月25日
  • 声の出演:西山理美/リミット…栗葉子、西山博士…柴田秀勝、トミさん…野沢雅子、グー…千々松幸子、ほか
  • 話数 全25話
  • 厳密な意味での魔法ではなく科学を題材とした近似ジャンル作品である。『魔女っ子コレクション』や『魔女っ子大作戦』など、シリーズを扱った商品展開では含まれていないことがある。
魔女っ子メグちゃん
  • 原作 ひろみプロダクション、成田マキホ
  • 放送期間 1974年4月1日 - 1975年9月29日
  • 声の出演:神崎メグ…吉田理保子、ノン…つかせのりこ、ロコ…山本圭子、チョーサン…はせさん治、ほか
  • 話数 全72話
  • 1975年3月31日放送分より、この日から始まった「腸捻転解消」によって、近畿広域圏のネットが毎日放送から朝日放送に変更された。このため、これ以降のテレビ朝日系列の魔女っ子シリーズは、朝日放送ネットで放送される[注釈 7]

テレビ朝日系列金曜19時台前半編集

キャンディ・キャンディ』から『ハロー!サンディベル』まで四作(1976年10月 - 1982年2月)続いた少女向けアニメの内、魔法要素を取り扱った二作が魔女っ子シリーズに分類される。枠は『ハロー!サンディベル』の途中で、それまで東映本社製作の児童向けドラマが放送されていた19時台後半[注釈 8]に移動し、終了後は再び東映本社の実写ドラマ枠となり『宇宙刑事ギャバン』などのメタルヒーローシリーズに受け継がれた。

花の子ルンルン
魔法少女ララベル

その他の放送枠の作品編集

放送枠内ではシリーズを連ねずに単発で終わったものの、シリーズに含まれることのある作品は以下。

キューティーハニー
  • 原作 永井豪とダイナミックプロ
  • 放送期間 1973年10月13日 - 1974年3月30日
  • 声の出演:如月ハニー…増山江威子、早見団兵衛…富田耕生、早見青司…森功至、早見順平…沢田和子、ほか
  • 話数 全25話
  • 厳密な意味での魔法ではなく科学を題材とした近似ジャンル作品である。ただし同じ東映動画制作のため、シリーズのCDやクロスオーバー商品などにはよく参加する。
魔女っ子チックル
  • 原作 永井豪とダイナミックプロ
  • 放送期間 1978年3月6日 - 1979年1月29日
  • 声の出演:小森チックル…吉田理保子、小森チーコ…麻上洋子、ほか
  • 話数 全45話
  • 制作が東映動画ではなく東映本社のテレビ部。しかし1994年発売のCD『歌いつがれる少女の夢 東映動画魔法少女アニメ全集』においては、東映動画魔法少女アニメと商品名で謳いながらも今作の主題歌が収録されている。書籍「魔女っ子マテリアル」においても、東映アニメーションに現存する資料をかき集めたとしているが、今作の設定画も載っている[2]。それこそ場合によって今作の扱いはまちまちである。

シリーズリメイク作一覧編集

以下のほか『キューティーハニー』をシリーズに含む場合は、OVAや実写作品を含め、同作は何度か繰り返しリメイクされている(キューティーハニー#歴代作品を参照)。

『ひみつのアッコちゃん』(第2作)
  • 原作 赤塚不二夫
  • 放送期間 1988年10月9日 - 1989年12月29日
  • 制作:フジテレビ
  • 声の出演:アッコ…堀江美都子、モコ…杉山佳寿子、大将…塩屋翼、キーオ…中原茂、ほか
  • 話数 全61話
『魔法使いサリー』(第2作)
  • 原作 横山光輝
  • 放送期間 1989年10月9日 - 1991年9月23日
  • 制作:テレビ朝日
  • 声の出演:夢野サリー…山本百合子、カブ…本多知恵子、ポロン…西原久美子、花村よし子…鈴木みえ、ほか
  • 話数 全90話(スペシャル2話を含む)
『ひみつのアッコちゃん』(第3作)

商品化編集

このようなクロスオーバー企画の場合のサリーとアッコはいずれの場合においてもオリジナル版(第1作)のデザインが採用されている。

魔女っ子大作戦編集

当シリーズを扱った商品の多くは、PS専用ソフト『魔女っ子大作戦』発売時の一連のプロジェクトにおいて販売されていた。同ゲームには『キューティーハニー』が参加しているため、当時の多くの関連商品が同作をシリーズに含めている。

セイカのぬりえ「魔女っ子大作戦」
サリー、アッコ、メグ、キューティーハニー、ルンルンの5作のみを扱った。
ディスコグラフィ
当時展開されたCDでは、ゲームに登場しないマコ、エッちゃん、リミットの主題歌もカバーされていた。
  • 魔女っ子大作戦 スペシャル・ソング・コレクション
  • 魔女っ子 ミュージック・サンプラー

魔女っ子コレクション編集

東映アニメーションでは魔女っ子コレクション[1]と題し、サリー、アッコ、マコ、メグ、ルンルン、ララベルを扱った商品をプロデュースしており、iPhoneケースなどを販売、公式ホームページ上ではオリジナル壁紙の無料配布も行っている。2012年にはユニクロとのコラボも行った。魔法使いサリー生誕50周年を迎えた2016年にはキディランド原宿店・梅田店にて『魔女っ子コレクション Presented by NERDS』のフェアが行われる。その際、新たに1988年版アッコと1989年版サリーも製品グッズのラインナップに加わっている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 公式サイトでは「魔女子シリーズ」とも表記されている[3]
  2. ^ 本シリーズと同じくテレビ朝日系列での放送だが、在阪準キー局1975年3月31日ネットチェンジ以後)の朝日放送→朝日放送テレビの制作である。
  3. ^ 『チックル』と同じく、東映テレビ部による作品。
  4. ^ ビデオリサーチ
  5. ^ この間TVシリーズは中断したが、東映が主催する児童向けピクチャー「東映まんがまつり」では、1973年春興行では『アッコ』、同年夏興行では『サリー』の、それぞれTVブロウアップ版が公開されたので、映画ではシリーズが継続していた。
  6. ^ 辻真先のペンネーム[3]
  7. ^ 朝日放送では、毎日放送にネットされた過去の作品の再放送も腸捻転解消後に実施した。
  8. ^ 当該枠最後の児童向けドラマだった『それゆけ!レッドビッキーズ』は朝日放送に制作を移管させた上で日曜19時代前半に移動して半年間延長された。

出典編集

  1. ^ a b Majokko Collection-魔女っ子コレクション- 公式サイト 東映アニメーション”. 2014年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 「魔女っ子マテリアル」、銀河出版 (1999)
  3. ^ a b c d 魔法のマコちゃん”. 東映アニメーション. 2014年8月18日閲覧。
  4. ^ ケイブンシャの大百科 402 「魔法のヒロイン大百科」 (1990)
  5. ^ 魔法使いサリー(第1期)”. 東映アニメーション. 2014年8月16日閲覧。
  6. ^ a b ひみつのアッコちゃん”. 東映アニメーション. 2014年8月18日閲覧。
  7. ^ 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇 (株)BANDAI、1993年8月20日、112頁。
  8. ^ a b さるとびエッちゃん”. 東映アニメーション. 2014年8月18日閲覧。

参考文献編集

  • 「魔女っ子大全集 東映動画篇」、BANDAI (1993) ISBN 978-4891895051
    • B-CLUB75号に掲載された『魔女っ子大全集』のうち、東映動画の関連作品をまとめたもの。
  • 「魔女っ子マテリアル」、銀河出版 (1999) ISBN 978-4877770075
    • 設定画集がメインであり、活字資料としての情報はごく僅か。『アッコ』から『メグ』までを第2弾から第7弾とそれぞれ言及しているが、『チックル』・『ルンルン』・『ララベル』のナンバリングについては言及が無い。ただし『ルンルン』でシリーズ再開・『ララベル』で一旦ピリオドとは認識されている。

関連項目編集

外部リンク編集

NET 月曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
東映魔女っ子シリーズ
(1966.12 - 1972.12)
サリー(第1作) - チャッピー
バビル2世
(第1作)
バビル2世
(第1作)
東映魔女っ子シリーズ
(1973.10 - 1975.9)
リミットちゃん - メグちゃん
テレビ朝日 金曜19時台前半枠
東映魔女っ子シリーズ
(1979.2 - 1981.2)
ルンルン - ララベル