メインメニューを開く

東条湖(とうじょうこ)は、兵庫県加東市にある、鴨川ダムによってせき止められて出来た人造湖である。

東条湖
Tojo-ko.jpg
所在地 兵庫県加東市黒谷・同市秋津
面積 0.05 km2
最大水深 43 m
貯水量 8.5 km3
成因 人工湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

目次

概要編集

1949年に鴨川ダムの建設が起工され、1951年に3年の歳月をかけて完成した。完成した湖は巨大な龍のような形をしている。現在はブラックバス釣り・わかさぎ釣りやボート漕ぎなどの観光用の湖として活用しており、湖畔には清水寺1966年から第一次分譲が始まった別荘地・林間住宅地が立地している。

名称編集

当初は「雲龍湖」という名称が候補となっていたが、土地の名前を付けるということで「東条湖」と決まった。

東条湖八景編集

東条湖にある八景の一覧であり、特に水天宮は湖上に現れた美しい景観のうちもっともすばらしい場所を水天宮と名づけ、湖にいつも豊かな水がたたえられるよう、また、湖底に沈んだ土井集落に対する感謝の意を表すとともに観光の発展を願って守護神を祭った。

  • 不動岩
  • 妹背岩
  • 五所ヶ渓岩
  • 鞍馬峡
  • 鷲の巣窟
  • 蓬莱峡
  • 屏風岩
  • 水天宮

観光客動員数編集

1986年度から1992年度は80万人前後の観光客を記録しているが、1993年度は70万人を割り込んでいる。

  • 1986年度 - 740,000人
  • 1987年度 - 815,000人
  • 1988年度 - 769,000人
  • 1989年度 - 843,000人
  • 1990年度 - 794,000人
  • 1991年度 - 847,000人
  • 1992年度 - 804,000人
  • 1993年度 - 635,000人

周辺の施設編集

アクセス編集

参考文献編集

  • 東条町史
  • 東はりま路東条湖

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度55分50.6秒 東経135度4分7.5秒