東条義門

江戸時代の僧侶、国学者

東条 義門(とうじょう ぎもん、天明6年7月7日1786年7月31日) - 天保14年8月15日1843年9月8日))は、江戸時代後期の僧侶国学者。東条は子孫の姓で、本人は称していない。法名は霊伝、号は白雪楼。

業績編集

動詞形容詞活用を現在知られる形にまとめたのを始め、国語文法音韻を詳細に研究し、近代国文法の基礎を築いた。

略歴編集

若狭国小浜真宗大谷派妙玄寺に生まれ、東本願寺に学んだ後、妙玄寺を継いだ。教学の基礎として国語研究の重要性を感じ、本居宣長の成果に学びながら独学で国語研究を開始した。本居春庭藤井高尚歌学)、太田全斎音韻学)らに師事しながら実証的な研究を進めた。

大正8年(1919年)、正五位を追贈された[1]

著作編集

  • 『友鏡』(1823年)
  • 『和語説略図』(1833年)
  • 『山口栞』(1836年)
  • 『男信(なましな)』(1942年)
  • 『活語指南』(1844年)
  • 『真宗聖教和語説』

脚注編集

  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.48