メインメニューを開く
東松山遊園地正門と思われる遺構。

東松山遊園地(ひがしまつやまゆうえんち)は、埼玉県東松山市大字松山にあった遊園地である。

概要編集

1970年昭和45年)頃に開園したと言われている。ゴーカートサイクルモノレール浴場北極体験ハウス等の遊戯施設があった。観覧車を建設する計画もあったようである。

しかし、開園からわずか数年で閉園してしまった(閉園の理由は不明)と言われ、現在では地元の人ですらその存在自体を知らない人も少なくない。

現在、遊園地の跡はゴーカート場や浴場、北極体験ハウス(と言われているもの)が残っているが、大変荒れていて廃墟になっている。現在ではほとんどの資料がない状態のため、ネット上ではさまざまな憶測が流れている。跡地の敷地は、登記上、東松山市内のホテル経営会社が所有している。 北極体験ハウス内で自殺があったとの情報が流れているが、詳細は不明。

園長は神秘珍々ニコニコ園の経営者でもあった。

2015年6月に敷地を再利用したサバイバルゲームフィールドの開業が発表され、同年7月1日にオープンした。

座標: 北緯36度2分50.8秒 東経139度24分40.2秒 / 北緯36.047444度 東経139.411167度 / 36.047444; 139.411167