メインメニューを開く
東武バス > 東武バスセントラル八潮営業所
東武バスセントラル八潮営業所
八潮営業所所属車両

東武バスセントラル八潮営業所(とうぶバスセントラルやしおえいぎょうしょ)は、埼玉県八潮市大字木曾根345-1に所在する東武バスの営業所である。草加営業事務所の管轄下にある。

東武伊勢崎線草加駅常磐線綾瀬駅亀有駅と、つくばエクスプレス線八潮駅・八潮市役所など八潮市内を結ぶ路線を担当する。八潮市コミュニティバス「ハッピーこまちゃん号」の運行受託も行っている。

目次

沿革編集

八潮営業所管内のバス路線は、新設路線(緑町三丁目経由系統およびコミュニティバス)を除けば、1945年昭和20年)2月9日に合併した花畑乗合自動車のものを受け継いでいる。

八潮営業所の前身である東武バス草加営業所八潮出張所は、1970年(昭和45年)7月27日に開設されている。

2002年4月、東武バスセントラル株式会社が設立されると、八潮出張所は草加営業事務所管轄下の八潮営業所となった。

現行路線編集

草加駅 - 中馬場 - 八潮駅編集

  • 草加01:草加駅東口 - 柳之宮 - 中馬場 - 八潮車庫 - 八潮駅北口
  • 草加03:草加駅東口 - 伊草団地 - 中馬場 - 八潮車庫 - 八潮駅北口

上記2系統は、2005年8月24日つくばエクスプレスが開業するまでは八潮車庫行として運行していた。

草加駅 - 木曽根 - 八潮駅編集

  • 草加02:草加駅東口 - 緑町三丁目 - 木曽根
  • 草加05:草加駅東口 - 緑町三丁目 - 木曽根 - 八潮駅南口
  • 八潮02:八潮駅南口 - 潮止橋北 - 木曽根・上二丁目(草加05の区間便)
草加02系統は、かつては草加01系統と中馬場まで同一ルートであったが、2004年3月20日に現在のルートに変更となった。現在では深夜バスも運行している。
また草加05系統は2004年3月20日新設の路線で、つくばエクスプレス開業まで八潮車庫行として運行していた。2011年1月31日の改正により区間便の八潮02共々八潮駅南口発着に変更された。

草加駅 - 八潮市役所 - 八潮駅編集

  • 草加04:草加駅東口 - 緑町三丁目 - 八潮市役所 - 八潮駅北口
草加04系統は2004年3月20日に草加駅 - 八潮市役所間に新設された路線で、草加01系統と中馬場まで同一ルートを通り、そのまま市役所方面へと向かっていた。
2005年8月24日のつくばエクスプレス開通の際、現行とほぼ同じルート(八潮市役所ではなく、やや離れた八潮市役所東を経由)で再設置され、八潮市役所へは草加13系統の八潮市役所循環が向かうようになったが、2011年10月23日に草加13系統が廃止されたことにより、草加04系統が再度八潮市役所に寄るようになった。

八潮駅 - 綾瀬駅・亀有駅編集

  • 綾61:綾瀬駅 - 神明町 - 八潮車庫 - 八潮駅北口
  • 綾62:綾瀬駅 - 神明町 - 八潮市役所(平日のみ)
  • 綾63:綾瀬駅 - 神明町 - 八潮車庫(深夜バスのみ)
  • 有64:亀有駅北口 - 足立郷土博物館 - 潮止橋北 - 八潮駅南口
    • 2005年8月24日、つくばエクスプレス開業に伴い、潮止橋西詰 - 八潮車庫間を廃止。新たに、潮止橋北 - 八潮駅南口を延長。
    • 2006年4月11日、八潮駅南口 - 八潮駅北口を延長。
    • 2009年9月1日、八潮駅南口駅前ロータリー開業に伴い、南口2番乗り場に変更。八潮駅北口 - 八潮駅南口入口は廃止。
  • 有65:亀有駅北口 - 足立郷土博物館 - 六ツ木都住 - 八潮駅南口
    • 六ツ木都住発着便あり。

上記4系統については、東京都内のみ利用する場合は均一制運賃が適用され、東京都と埼玉県を通る場合と埼玉県内のみ利用する場合は、キロ制運賃が適用される。東京都内となる神明町以南に限り、「足立一日フリーパス」が利用可能である。

八潮駅 - 松戸駅編集

  • 松03:三郷中央駅 - 上戸ヶ崎 - 農協支所 - 上葛飾橋入口 - 松戸駅
  • 松04:八潮駅南口 - 修徳高校野球場前 - 農協支所 - 上葛飾橋入口 - 松戸駅
  • 松05:松戸駅 → 上葛飾橋入口 → 農協支所 → 戸ヶ崎十字路 → 八潮駅南口(深夜バス)
    • 2011年1月31日より新中川橋を経由として運行開始。東武バスセントラル三郷営業所と共管。三郷営業所は、一部便のみ担当。京成バスも同日、松04系統として同一区間の路線を運行開始。但し定期は共用できない。
    • 松04系統はつくばエクスプレスが開業する前に、三郷市役所 - 松戸駅間で運行されていたが同線の開業に伴い、松03系統に統合され欠番となっていた。
    • 松05系統は深夜バスのみの系統で2013年2月25日に新設。松04系統とは違い新中川橋は経由しない。なおこの路線は京成バスが元から運行している路線であり東武バスは深夜バスのみの担当である。
    • 2015年4月4日より八潮営業所単独の運行になった。

コミュニティバス編集

八潮市コミュニティバス「ハッピーこまちゃん号」編集

北ルート
  • 八潮03:八潮駅北口 - 八潮市役所 - 市民温水プール - 八潮駅北口
  • 八潮04:八潮駅北口 - わかくさ - 八潮市役所 - 八潮団地
西ルート
  • 八潮05:八潮駅北口 - 大原公園 - ふれあい桜橋 - 八潮駅北口
  • 八潮06:八潮駅北口 - 大原公園 - 八潮市役所 - ふれあい桜橋 - 八潮駅北口
  • 八潮07:中川小学校 - 八潮駅北口 - 八潮市役所 - 八潮駅北口 - 古新田中央
  • 八潮08:八潮駅北口 - 古新田中央
  • 八潮09:中川小学校 - 八潮駅北口

1995年4月より運行されていた、市内公共施設循環バス「ほっと、ドリーム号」が前身。当時は市内に鉄道駅がなく、平日のみ運行で市内の公共施設を巡回していた。運賃は無料であった[1][2]

2005年8月24日つくばエクスプレス開通により八潮駅が開業。それに合わせて市内の路線バス網が再編されることになり、市内循環バスも見直しが図られた。同年8月12日をもって「ほっと、ドリーム号」は廃止、つくばエクスプレス開通と同時に8月24日より八潮市コミュニティバスとして運行開始。開業当初は北ルート・西ルートの2路線で、八潮駅を起終点に一般路線バスの空白地域を通る循環経路に変更。受益者負担の観点から運賃も有料化され、初乗り170円の多区間運賃制となった[1][2]

車両は「ほっと、ドリーム号」時代から日野・リエッセを使用[2]。八潮市コミュニティバスでは、東武バスカラーの日野・リエッセが使用されていた[2][3]

2014年4月21日、西ルートに八潮07、八潮08、八潮09系統を新設。あわせて「中川小学校」「古新田南」「古新田中央」の3つのバス停を新設。なお運行経路上に「潮止橋南」バス停があるが、停車しない。

2019年1月28日、八潮市コミュニティバス「ハッピーこまちゃん号」としてリニューアル。八潮市の公式キャラクター「ハッピーこまちゃん」と仲間たちの野菜キャラクターががラッピングされた新デザインとなった[4]。「ハッピーこまちゃん」は、市の特産物である小松菜法被を着たキャラクターで、八潮市の「八」と「ハッピ」と「ハッピー」を掛けている[5]。新型車両(日野・ポンチョ、2ドアロングボディ)の導入を機に、愛称とラッピングデザインを公募して選定された[4]。なお、東武バスの運行受託するコミュニティバスでは、新座市「にいバス」のポンチョにも野菜キャラクターのラッピングが施されている[3]

廃止路線編集

  • 金53:八潮車庫 - 戸ケ崎十字路 - 久兵衛 - 金町駅(1991年3月31日に廃止)
  • 草加13:草加駅東口 - 伊草 - 八潮市役所 - 八幡中学校入口 - 草加駅東口(2011年10月23日廃止)

車両編集

日野自動車製、いすゞ自動車製の車両が在籍する。

大型車
中型ロング車
中型車
コミュニティバス

脚注編集

  1. ^ a b (八潮市)来年度から国補助打ち切り・曲がり角のコミュニティーバス 利用者は着実に増加 とーよみ.net 東武よみうりウェブ版 埼玉東部の地域週刊情報誌、2019年6月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 広報やしお No.657「8月24日(水)からつくばエクスプレスの開通に伴いバスの運行が変わります」 八潮市公式サイト、2005年8月10日、2019年6月1日閲覧。
  3. ^ a b 『関東エリア一都六県 コミュニティバス図鑑』スタジオタッククリエイティブ、2018年4月10日。ISBN 978-4-88393-803-2
  4. ^ a b 八潮市コミュニティバス「ハッピーこまちゃん号」が運行を開始しました 八潮市公式サイト、2019年1月31日、2019年6月1日閲覧。
  5. ^ ハッピーこまちゃんの部屋 八潮市公式サイト

参考文献編集

  • バスマガジン vol.29 バス会社潜入レポート「東武バスグループ」
  • 『関東エリア一都六県 コミュニティバス図鑑』スタジオタッククリエイティブ、2018年4月10日。ISBN 978-4-88393-803-2

外部リンク編集