メインメニューを開く

会沢線(あいさわせん)は、かつて栃木県佐野市にあった東武鉄道貨物線である。石灰石ドロマイト等の運搬用に敷設された、佐野線の終点葛生駅から第三会沢駅に至る路線であった。

東武鉄道 会沢線
基本情報
日本の旗 日本
所在地 栃木県佐野市
起点 葛生駅
終点 第三会沢駅
駅数 5駅
開業 1920年8月23日
廃止 1997年10月1日
所有者 東武鉄道
運営者 東武鉄道
路線諸元
路線距離 4.2 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
佐野線
KBHFxe
0.0 葛生駅
exDST
0.8 上白石駅 -1997
exSTR+l exABZglr exSTR+r
大叶線
exSTR exKBSTe exSTR
大叶駅
exSTR2 exSTRc3 exKBSTe
日鉄鉱業羽鶴専用鉄道
exSTRc1 exSTR+4
exDST
1.4 築地駅 -1986
exDST
2.5 第一会沢駅 -1986
exDST
3.3 第二会沢駅 -1938
exDST
4.2 第三会沢駅 (III) 1985-1986
exDST
4.4 第三会沢駅 (I) -1937?[1]
exKDSTe
4.6 第三会沢駅 (II) 1937?[1]-1985

目次

路線データ編集

※1986年運行停止時点

  • 路線距離:葛生 - 上白石 - 第三会沢間 4.2km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:5駅(起終点含む)
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 複線区間:なし(全線単線

運行形態編集

歴史編集

  • 1917年(大正6年)12月12日 鉄道免許状下付(葛生-会沢間)[2]
  • 1920年(大正9年)8月23日 葛生 - 第二会沢(後の第三会沢)間の人車線を開業[3]
  • 1925年(大正14年)
    • 8月5日 葛生 - 第二会沢間の人車線を廃止、葛生 - 第三会沢(旧第二会沢)間 (4.4km)を開業
    • 8月23日 蒸気列車の運転を開始[4]
  • 1928年(昭和3年)7月10日 上白石駅を開業
  • 1937年(昭和12年)以降 第三会沢を移転または改キロ (+0.2km)[1]
  • 1938年(昭和13年)10月1日 第二会沢駅を廃止
  • 1966年(昭和41年)6月 葛生 - 第三会沢間の電化完成
  • 1985年(昭和60年)12月1日 第三会沢を移転 (-0.4km)
  • 1986年(昭和61年)10月21日 上白石 - 第三会沢間を廃止
  • 1997年(平成9年)10月1日 葛生 - 上白石間の廃止により全線廃止

駅一覧編集

葛生駅 - 上白石駅 - 築地駅 - 第一会沢駅 - 第二会沢駅 - 第三会沢駅

接続路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今尾 (2008) は1934年以降とするが、鉄道省 (1937) は葛生 - 第三会沢4.4kmと示す
  2. ^ 『鉄道院鉄道統計資料. 大正6年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1920年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)、『鉄道省鉄道統計資料. 大正9年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『東武鉄道六十五年史』920頁

参考文献編集

関連項目編集