メインメニューを開く

東洋大学京北中学高等学校(とうようだいがくけいほくちゅうがくこうとうがっこう)は、東京都文京区白山二丁目(東洋大学白山第2キャンパス跡地)に所在する私立中学校高等学校2015年に、名称を「京北中学校・高等学校」から変更した。高等学校では、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間で、第2学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校である[1]

東洋大学京北中学・高等学校
Toyo University Keihoku Junior and Senior High School.JPG
過去の名称 京北中学校(旧制)
京北中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東洋大学
設立年月日 1898年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
所在地 112-8607
東京都文京区白山二丁目36番5号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東洋大学京北中学高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
東洋大学京北中学高等学校

目次

概要編集

 
井上円了

東洋大学(哲学館)を開校した井上円了によって1898年に開校。旧制第一高等学校への進学者数が開成中学(現在の開成中・高)等を上回っていた時期もあった。1951年に東洋大学から分離したものの2011年学校法人東洋大学と再統合し、学校法人東洋大学の設置校となった[2]。開校して以来100年以上に渡って男子校であったが、2015年に新校舎に移転すると同時に男女共学となった。

沿革編集

年間行事編集

部活動編集

バスケットボール、剣道の名門である。かつては水泳部なども強豪であったが時代が下るにつれ衰退した。2015年度の新校舎移転に伴い伝統的な部活の廃部や、国際化に向けた新部の創設などが多く行われた(水泳部や弦楽、囲碁将棋の廃部、吹奏楽や茶道部の新設など)。

運動部編集

部活動ではバスケットボールの名門として知られており、1973年2013年インターハイ1978年1984年選抜大会では優勝を果たしている。中学男子バスケットボール部は全国中学校バスケットボール大会にて1999年2009年優勝し、2007年2008年準優勝している。また高校では、そう多くは無いアマチュアレスリング部も活躍している。

文化部編集

家庭科部、音楽部(吹奏楽、合唱)、美術部、演劇部、英語部、理科部、華道部、茶道部、文芸報道部、園芸部

著名な卒業生編集

系列校編集

脚注及び参照編集

  1. ^ 京北高校の学校情報(高校受験パスナビ)旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭に「内部進学生とは2年次から混合クラス」と掲載されている。
  2. ^ 学校法人東洋大学と法人合併しました - 京北中学校・高等学校(2011年4月1日)
  3. ^ 校長室より「京北に夢をかけて」第1号(校長就任挨拶) - 京北中学校・高等学校、京北学園白山高等学校校長、石坂康倫著作(2012年4月26日)

関連項目編集

外部リンク編集