メインメニューを開く

東洋女子短期大学(とうようじょしたんきだいがく、英語: Toyo Women's College)は、千葉県流山市鰭ヶ崎1660に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、2007年に廃止された。学生募集は2004年度まで[3]2005年度より東洋学園大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2007年3月22日正式廃止[4]

東洋女子短期大学
大学設置 1950年
創立 1920年
廃止 2007年
学校種別 私立
設置者 学校法人東洋学園
本部所在地 千葉県流山市鰭ヶ崎1660
キャンパス 流山キャンパス(千葉県流山市
本郷キャンパス(東京都文京区
学部 英語コミュニケーション学科
  旧・英語英文科[1]
  旧・欧米文化学科[2]
研究科 英語英文専攻
テンプレートを表示

ちなみに、東洋大学東洋大学短期大学とは資本的にも人材的にも歴史的にもいっさいの関係がない。

目次

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 短大設置当初から英語に関する専門教育が行われており、その実績は50年以上にわたっており「英語の東洋女子短大」と呼ばれるようにもなった。その教育実績は現在の東洋学園大学においても活かされているものと思われる。

学風および特色編集

沿革編集

基礎データ編集

所在地編集

  • 流山キャンパス(千葉県流山市鰭ヶ崎1660)
  • 本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-26-3)

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 英語コミュニケーション学科
学科の変遷編集
  • 英語英文科[1]
  • 欧米文化学科[2]

専攻科編集

  • 英語英文専攻:修業年限は昼間部1年制の課程で、修了後は他大学で科目履修制度を利用して学士号を取得する必要があった。

別科編集

  • なし

取得資格について編集

附属機関編集

  • 図書館
  • 視聴覚教育センター
  • メディアセンター

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 東洋女子短期大学の学園祭は「フェニックス祭」と呼ばれていた。

スポーツ編集

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 東洋女子短期大学には同窓会組織がある。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

流山キャンパス編集

  • 使用学科:英語コミュニケーション学科(旧:欧米文化学科)
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:図書館・視聴覚教育センター・メディアセンター

文京キャンパス編集

  • 使用学科:英語英文科
  • 使用専攻科:英語英文専攻
  • 使用附属施設:図書館・視聴覚教育センター・メディアセンター
  • 設備:1992年度より東洋学園大学と共同使用。

編集

  • 東洋女子短期大学には、千葉県松戸市内に「北小金ドミトリー」、東京都文京区内に「安藤坂ドミトリー」と称した学生寮がそれぞれ置かれていた。これらは現在、東洋学園大学の学生寮となっている。

対外関係編集

他大学との協定編集

アメリカ編集

カナダ編集

イギリス編集

系列校編集

卒業後の進路について編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2001年度入学生まで。
  2. ^ a b 2002年度入学生まで。
  3. ^ 2学科体制は、2001年度入学生まで。
  4. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』261頁より。
  5. ^ 2000年度現在の入学定員は英語英文科で350、欧米文化学科で400とかなりの規模を擁していた。
  6. ^ 昭和58年度版『全国学校総覧』46頁より。
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)57頁より。
  8. ^ a b c d e f g 2000年度用入学案内小冊子より。

関連項目編集

関連サイト編集