メインメニューを開く

東洋音響効果グループ(とうようおんきょうこうかグループ)は、かつて存在した音響効果制作を主な活動とする集団。クレジット上は「東洋音響」と略されることが多い。本項では、母体にあたる日活効果(にっかつこうか)についても触れる。

目次

概要編集

1972年、日活効果係から独立した杉崎友治郎、帆苅幸雄らにより結成。主にアオイスタジオダビング作品を手掛けていたが、1978年には日活の分社化を機に同社の効果部門を人材ごと継承。以降は小島良雄が活動の中心を担い、国内の音効制作最大手として映画・ドラマからアニメーションに至るまで多数の作品を担当。倉橋静男(現:サウンドボックス代表)や柴崎憲治(現:アルカブース代表)、斉藤昌利(現:ドリームオン代表)らを輩出した。

1970年代中盤以降はテレビドラマ担当作も増え、特に大映ドラマ作品のほとんどを手掛けた他、『大都会 PARTIII』『西部警察』をはじめとする石原プロ作品、『探偵物語』『あぶない刑事』などの日活撮影所でダビングされたテレビ映画も多数手掛ける。映画『蘇える金狼』『さらば愛しき人よ』などでは、海外で実弾射撃の録音も敢行した[1]。実写作品以外にも東京ムービー新社マッドハウスエイケンなどが製作したアニメ作品にも多く関わり、1988年のアニメ映画『AKIRA』のサウンドデザインは国際的にも高い評価を得た。

1988年、法人として東洋音響東洋音響カモメ(現:カモメファン)サウンドボックスに分離独立し、発展的に解散した。

主な元所属スタッフ編集

  • 帆苅幸雄(日活効果→東洋音響効果グループ東洋音響→フリー)
  • 佐々木英世(日活効果→東洋音響効果グループ→東洋音響)
  • 杉崎友治郎(日活効果→)
  • 宮田塙(日活効果→東洋音響効果グループ宮田音響効果
  • 橋本正二(日活効果→東洋音響効果グループ→宮田音響効果→効果屋)
  • 倉橋静男(日活効果→東洋音響効果グループサウンドボックス
  • 柴崎憲治(→サウンドボックス→アルカブース
  • 坂井三郎(日活効果→)
  • 小島良雄(日活効果→)
  • 熊川哲
  • 斉藤昌利(→東洋音響カモメドリームオン
  • 伊藤末吉
  • 渡部健一(→東洋音響カモメ→東洋音響)
  • 伊藤進一(→東洋音響カモメ)
  • 木下克己
  • 小池秀晴
  • 中村佳央(→東洋音響カモメ→ドリームオン)
  • 丹雄二(→東洋音響→フリー)
  • 高橋澄雄

主な担当作品編集

映画編集

TVドラマ編集

TVアニメ編集

OVA編集

同人映画編集

洋画日本語版制作編集

主な担当作品(旧日活効果スタッフ)編集

映画編集

TVドラマ編集

脚注編集

  1. ^ コアマガジン刊『BIG SHOT~日本映画のガン・エフェクト』/柴崎憲治インタビューより。

関連項目編集