東浪見村(とらみむら)とは、千葉県長柄郡(のちに長生郡)にかつて存在した村である。一宮町の地名として現存する。

東浪見村
廃止日 1953年11月3日
廃止理由 新設合併
一宮町、東浪見村一宮町
現在の自治体 一宮町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
長生郡
隣接自治体 長生郡一宮町、一松村太東村
夷隅郡古沢村
東浪見村役場
所在地 千葉県長生郡東浪見村大字東浪見
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

歴史編集

沿革編集

変遷表

1868年
以前
明治22年
4月1日
明治30年
4月1日
昭和28年
11月3日
現在
東浪見村 東浪見村 長生郡
発足
東浪見村 一宮町 一宮町
網田村

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1891年(明治24年)       2,660
1925年(大正14年)          2,290
1950年(昭和25年)         2,953


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1925年(大正14年)       426
1950年(昭和25年)     537


経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば東浪見村の篤農家は、「秋場久太郎、秋場一郎、鵜澤卯八、鵜澤常太郎、大曾根市重郎、小安生三郎、長谷川吉蔵、長谷川要、長谷川義時、長谷川徳蔵、横山政蔵」などである[1]

交通編集

鉄道編集

道路編集

出身人物編集

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』308頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年8月7日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集