メインメニューを開く

東海通駅

日本の愛知県名古屋市港区にある名古屋市交通局の駅

東海通駅(とうかいどおりえき)は、愛知県名古屋市港区東海通3丁目にある、名古屋市営地下鉄名港線である。駅番号はE04

東海通駅
東海通駅4番出入口
東海通駅4番出入口
とうかいどおり
Tokai-dori
六番町 E03 (1.2km)
(0.8km) E05 港区役所
所在地 名古屋市港区東海通三丁目177
駅番号 E04
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 名港線
キロ程 3.8km(金山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
6,944人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
13,755[1]人/日
-2017年-
開業年月日 1971年昭和46年)3月29日
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1971年昭和46年)3月29日 : 名古屋市営地下鉄2号線名城線の駅として開業する。
  • 2004年平成16年)10月6日 : 4号線の名古屋大学から新瑞橋間の開業に伴い、所属路線名が名港線に変更となる。

駅構造編集

相対式2面2線のホームをもつ地下駅である。改札口は南北に1箇所ずつ、出入口は4箇所ある。エレベーターは各ホームと南改札口およびコンコースと地上を結ぶ1基ずつが設置されている。

当駅は、名城線南部駅務区金山管区駅が管轄している。

のりば編集

ホーム 路線 行先
1   名港線 名古屋港方面
2   名港線・  名城線 金山大曽根方面

利用状況編集

2017年度の1日の平均乗車人員は6,944人である。名港線の駅では、金山、日比野、六番町の次に利用客が多い。港区内を走る市バス主要路線の大半が当駅を経由している。

駅周辺編集

路線バス編集

 
3番出入口前のバス停
名古屋市営バス:東海通バス停

東西南北に延びる道路を多くの系統が通過しており、港区における拠点となっている。折り返す系統はなく、そのまま各地へ直通する。

隣の駅編集

  名古屋市営地下鉄
  名港線
六番町駅 (E03) - 東海通駅 (E04) - 港区役所駅 (E05)

脚注編集

  1. ^ 広告メディアガイド2019 (PDF)”. 名古屋市交通局. 2019年4月6日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集