東海道・山陽新幹線

日本の東京都千代田区から福岡県福岡市博多区を結ぶ東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道の高速鉄道路線

東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)[1][2] とは、新幹線 東京駅 - 博多駅間の通称である[3]

JR logo JRgroup.svg 東海道・山陽新幹線
東海道・山陽新幹線歴代車両
東海道・山陽新幹線歴代車両
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都神奈川県静岡県愛知県岐阜県滋賀県京都府大阪府兵庫県岡山県広島県山口県福岡県
種類 高速鉄道新幹線
起点 東京駅
終点 博多駅
駅数 35駅
開業 1964年10月1日
所有者 東海道新幹線東海旅客鉄道(JR東海)
山陽新幹線西日本旅客鉄道(JR西日本)
運営者 東海道新幹線:東海旅客鉄道(JR東海)
山陽新幹線:西日本旅客鉄道(JR西日本)
車両基地 大井車両基地鳥飼車両基地博多総合車両所
使用車両 500系700系N700系N700S系
路線諸元
路線距離 1,069.1 km
営業キロ 1,174.9 km
軌間 1,435 mm標準軌
線路数 複線
電化方式 交流25,000 V・60 Hz
架空電車線方式
閉塞方式 車内信号式
保安装置 ATC-NS
最高速度 300 km/h
テンプレートを表示

概要編集

新大阪駅を境に東側の東京駅 - 新大阪駅間が東海道新幹線 (515.4 km) 、西側の新大阪駅 - 博多駅間が山陽新幹線 (553.7 km) である。かつて各駅場内区間を除く [注 1] 全線を日本国有鉄道(国鉄)新幹線総局が所管し、福山三原間以東は総局直轄、福山・三原間 - 新下関小倉間は広島管理部、新下関・小倉間 - 博多は九州管理部が管理していた。国鉄分割民営化によって大阪鉄道管理局管内である新大阪駅場内を含む東海道新幹線区間の運営を東海旅客鉄道(JR東海)が、新大阪駅西方場外以西の山陽新幹線区間を西日本旅客鉄道(JR西日本)が承継した。

直通列車は定期列車だけで「のぞみ」(東京駅 - 広島駅・博多駅間)が毎時3本、「ひかり」(東京駅 - 岡山駅間)が毎時1本運行されている。かつては「こだま」も定期直通運転が行われていたが、1999年に終了している。

総延長は1,069.1 km(営業キロは1,174.9 km)である[3]キロポスト東京駅から博多南線を経由した博多総合車両所までの通算である [注 2]

線路名称編集

東海道・山陽新幹線は並行する在来線の線増という扱いで設置されたため、「国有鉄道線路名称」においては東京駅 - 新大阪駅 - 新神戸駅間が東海道本線の、新神戸駅 - 小倉駅間が山陽本線の、小倉駅 - 博多駅間が鹿児島本線のそれぞれ無名枝線として扱われ、営業上の路線名として「新幹線」の名称が用いられていた。山陽新幹線岡山開業(1972年)以降、山陽新幹線区間は新幹線総局(旧・東海道新幹線総局)が東海道新幹線と一括で所管し、営業上の路線名として公式に「東海道・山陽新幹線」または単に「新幹線」の呼称を使用し、東北上越新幹線開業後は「東海道・山陽新幹線」が一般的となった。

のちの国鉄分割民営化では新会社の経営上、路線施設を新幹線鉄道保有機構が承継するため並行する在来線との所属切り離しが図られたことから、民営化以降は東海道新幹線(東京 - 新大阪)、山陽新幹線(新大阪 - 博多)が正式な路線名となった。しかし「東海道・山陽新幹線」が通称として社会に広く通用していることから、運営を承継したJR東海、JR西日本とも、列車運行の実態に即した営業上の路線名として用いている[1]

運行形態編集

2020年3月現在、新大阪駅を跨ぎ、東海道区間・山陽区間で完結しない列車としては以下の速達形列車が運行されている。

  • のぞみ:東京駅 - 博多駅間を中心に運行(途中駅発着便あり)。
  • ひかり:東京駅 - 岡山駅間を中心に運行。広島駅以西に直通する列車は名古屋駅始発の下り1本のみ。

なお、「こだま」は1999年10月のダイヤ改正で静岡駅 - 岡山駅間運行の1往復が新大阪駅で系統分割されたのを最後に直通運転を行っていない。

国鉄分割民営化以降、新大阪を跨ぐ列車については、乗務員は全て新大阪駅で交代し、東海道新幹線区間をJR東海の乗務員が、山陽新幹線区間をJR西日本の乗務員が担当する。車両はJR東海・JR西日本の車両が相互に使用されているが、東海道新幹線の運行形態に揃える形で16両編成のみが使用されており、2010年に500系電車が「のぞみ」運用から撤退して以降は、座席数を1,323席(普通車1123席・グリーン車200席)に統一した車両で運行されている。

運賃・料金計算編集

運賃は営業キロ(新岩国駅 - 徳山駅間のみ運賃計算キロ)に基づいて算出する。運賃計算を行うMARSシステムによる乗車券の経由表示には、全ての新幹線で「新幹線」と記載される。営業キロ・運賃計算キロ算出に際しては、並行する在来線と同じ路線として計算するが、中間駅が並行する在来線上にない品川駅 - 小田原駅間、三島駅 - 静岡駅間、名古屋駅 - 米原駅間、新大阪駅 - 西明石駅間、福山駅 - 徳山駅間、および並行する在来線と運賃体系が異なる新下関駅 - 博多駅間[注 3] については、在来線とは別の路線として計算する。

なお、MARSシステムで発券された東海道・山陽新幹線区間を含む乗車券においては、新幹線と並行する在来線とで運行会社の異なる「東京駅 - 熱海駅間」「米原駅 - 新大阪駅間」「新下関駅 - 博多駅間」について新幹線経由か否かを表示する12マス(4マス×3ブロック)の四角を表示する欄が設けられており、新幹線経由は「■」、在来線経由は「□」、その区間を含まない場合は「・」を示すことになっている。例えば、東京駅 - 新大阪駅間(新幹線経由)であれば「■■■■■■■■・・・・」、米原駅 - 博多駅間(米原駅 - 新大阪駅間のみ在来線)であれば「・・・・□□□□■■■■」と表示される[4]

特急料金・グリーン料金の算出に当たっては、国鉄時代の取り扱いを踏襲した関係から、会社ごとの特急料金を合算する九州新幹線北海道新幹線や、会社を跨がる場合に定額を加算する北陸新幹線と異なり、会社を跨がる場合でも加算額のない一連の新幹線乗車区間の営業キロに基づいて料金が設定されており[5]、「三角表」と称するものにより各駅間個別に定められている。

駅一覧編集

ここでは東海道・山陽新幹線に存在する全駅の駅名と主要な駅(全列車停車駅)のキロ程のみを記す。各駅のキロ程・停車駅・接続路線・所在地などの詳細については「東海道新幹線」「山陽新幹線」の各記事を参照のこと。

() 内は起点からの実キロ[6]。駅名に〈〉を付けた駅は東海道・山陽の両新幹線を直通する定期列車が停車しない駅。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 東海道・山陽新幹線の時刻表”. 東海旅客鉄道. 2016年12月14日閲覧。
  2. ^ JR時刻表 P2 - 28
  3. ^ a b 東海道・山陽新幹線”. コトバンク. 朝日新聞社. 2017年3月17日閲覧。
  4. ^ 新幹線トリビア・乗車券に並ぶ謎の四角の意味とは?”. 東海道新幹線50周年記念サイト. 東海旅客鉄道 (2014年7月16日). 2014年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  5. ^ 運輸審議会配付資料(東日本旅客鉄道株式会社及び西日本旅客鉄道株式会社からの鉄道の特別急行料金の上限設定認可申請事案に係る審議(第2回))”. 国土交通省. 2021年6月5日閲覧。
  6. ^ 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳』11号 中国四国、新潮社、2009年、pp.27-28

注釈編集

  1. ^ 各駅場内は、並行する在来線所管の鉄道管理局管内であった。
  2. ^ このキロポストの通算は九州新幹線の終着駅である鹿児島中央駅まで続いており、同駅に設置されている最後のキロポストが示す距離は東京駅起点1325kmである。
  3. ^ 並行する在来線のうち、下関駅 - 博多駅間が九州旅客鉄道(JR九州)管轄であり、新幹線を管轄するJR西日本と運賃体系が異なっており、同じ営業キロでも新幹線経由の場合と在来線経由の場合で運賃が異なる。

関連項目編集