メインメニューを開く

東瀬棚町(ひがしせたなまち)は、かつて北海道瀬棚郡にあった

ひがしせたなまち
東瀬棚町
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
瀬棚郡東瀬棚町太櫓郡太櫓村
瀬棚郡北檜山町
現在の自治体 久遠郡せたな町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 檜山支庁
瀬棚郡
面積 150.394[1]km2.
総人口 6,874
(1950年国勢調査)
隣接自治体 瀬棚郡瀬棚町今金町
太櫓郡太櫓村島牧郡西島牧村
東瀬棚町役場
所在地 北海道瀬棚郡東瀬棚町
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

  • 1902年明治35年)2月19日 - 瀬棚村から東瀬棚村が分割され成立。
  • 1906年(明治39年)4月1日 - 北海道二級町村制施行により瀬棚郡東瀬棚村が村制施行し、東瀬棚村(ひがしせたなむら)が発足。
  • 1932年昭和7年) - 瀬棚郡利別村(現・今金町)の一部を編入。
  • 1939年(昭和14年)- 10行政字を設置(松岡、徳島、豊岡、兜野、東瀬棚、愛知、丹羽、東丹羽、西丹羽、小倉山)。
  • 1953年 町制施行、東瀬棚町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 太櫓郡太櫓村と合併し、瀬棚郡北檜山町となり消滅。

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和26年度第57回北海道統計(昭和26年3月31日北海道総務局統計課発行)参照

関連項目編集