メインメニューを開く

東田 幸男(ひがしだ ゆきお、1958年11月6日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の元騎手で現在は調教助手北海道新冠郡新冠町出身[1]

目次

来歴編集

中学校2年生のとき、姉の嫁ぎ先の牧場でアルバイトをしたのが馬との出会い[1]1974年、JRA調教師の布施正にスカウトされたのをきっかけに騎手の道に進む[1]。布施の弟弟子の二分久男厩舎に所属し[2]、騎手としてのデビュー日となった1981年3月1日阪神競馬第5競走(障害競走)のシンパアーフルで初騎乗初勝利を飾った[1]

1995年9月20日付で騎手を引退[3]し、音無秀孝厩舎の調教助手に転身した。1997年には翌1998年度のJRA新規調教師一次試験の合格が報じられた[4]が、二次試験で不合格となり、調教師免許の取得には至らなかった。

重賞勝ち鞍編集

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 111 135 164 1553 1963 .057 .125
障害 43 44 49 300 436 .099 .200
154 179 213 1853 2399 .064 .139

脚注編集

  1. ^ a b c d 日本中央競馬会『優駿』1981年9月号、p.57
  2. ^ 『優駿』1981年2月号、p.99
  3. ^ 中央競馬を振り返る 1995年9月20日付(競馬ニホン
  4. ^ 平成10年度の新規調教師 騎手の一次合格者発表(競馬道Onlineニュースぷらざ、1997年12月15日付)