メインメニューを開く

東畑 謙三(とうはた けんぞう、1902年4月11日 - 1998年4月29日)は、日本建築家

東畑謙三
生誕 1902年(明治35年)4月11日
三重県一志郡豊地村
死没 (1998-04-29) 1998年4月29日(96歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞
(1969年、1981年)
藍綬褒章(1962年)
紺綬褒章(1989年)
勲三等瑞宝章(1972年)
所属 東畑建築事務所
建築物 旧東方文化学院京都研究所
プロジェクト 筑波研究学園都市

経歴編集

三重県一志郡豊地村(現・松阪市)の地主の家に生まれた。東畑吉之助の三男。

1923年に第三高等学校理科乙類、1926年に京都帝国大学工学部建築学科を卒業。1932年に東畑謙三建築事務所を設立。以後、武田五一の弟子として関西の建築業界を牽引した。日本建築家協会名誉会長。日本建築学会名誉会員。1961年、1970年、1976年、1980年の4度にわたって建築業協会賞を受賞。1969年、1981年の2度にわたって日本建築学会賞を受賞。また、藍綬褒章紺綬褒章勲三等瑞宝章(1972年)を受章している。妻博子は岩井商店岩井勝次郎の四女。兄に農業経済学者の東畑精一、哲学者の速水敬二、弟に農林事務次官を務めた東畑四郎がいる。

代表作品編集

 
旧東方文化学院京都研究所