メインメニューを開く

東禅寺 義長(とうぜんじ よしなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大宝寺氏の家臣。一説には前森蔵人を名乗っていたが、東禅寺城主となり東禅寺姓を名乗るようになったといわれる。

 
東禅寺義長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文13年(1544年
死没 天正16年(1588年
改名 義長→氏永
別名 前森蔵人
官位 筑前守
主君 大宝寺晴時義増義氏
兄弟 義長勝正
大宝寺義氏娘

生涯編集

天文13年(1544年)、誕生。土佐林禅棟らと共に大宝寺義氏の擁立に奔走。義氏の娘を娶る。しかしその後、酒田港の利権などをめぐって対立。天正11年(1583年)、最上義光と通じて弟・勝正と共に主・義氏を暗殺する。この際、庄内の諸豪族・国人衆のほとんどがこれに同調している。このため、大宝寺義氏の弟・義興から仇として狙われたが、天正15年(1587年)に最上氏の援助を得ることで義興も殺害した。その後、最上氏によって庄内支配を任される。しかし、恩賞配分に対する不服などから、庄内の国人衆に反発された。

天正16年(1588年)、大宝寺義勝を擁する本庄繁長率いる上杉軍が侵攻してくると庄内の国人は上杉氏に内通。十五里ヶ原の戦いで敗れて討死した。

登場作品編集