東福岡自彊館中学校・東福岡高等学校

福岡県福岡市博多区にある私立男子中学校・高等学校

東福岡自彊館中学校・東福岡高等学校(ひがしふくおかじきょうかんちゅうがっこう・ひがしふくおかこうとうがっこう)は、福岡県福岡市博多区東比恵二丁目にある、学校法人東福岡学園が運営する私立男子中学校高等学校全日制普通科中高一貫教育と高等学校の外部募集を併施している。

東福岡高等学校・東福岡自彊館中学校
Higashi Fukuoka High School & Higashi Fukuoka Jikyokan Junior High School.JPG
過去の名称 福岡米語義塾
九州貿易専門学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東福岡学園
校訓 「努力に勝る天才なし」
「意志あるところ道あり」
設立年月日 1955年(昭和30年)11月10日
福岡県知事認可
創立記念日 11月10日
創立者 徳野常道
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 進学コース
特進コース
特進英数コース
自彊館コース
高校コード 40538J
所在地 812-0007
福岡県福岡市博多区東比恵二丁目24番1号

北緯33度35分39秒 東経130度25分50.6秒 / 北緯33.59417度 東経130.430722度 / 33.59417; 130.430722座標: 北緯33度35分39秒 東経130度25分50.6秒 / 北緯33.59417度 東経130.430722度 / 33.59417; 130.430722
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

平成19年度時点で在籍生徒数2,242名(九州1位)、教職員数169名を擁し、地元私立大学に多くの卒業生が進学する。またスポーツ名門校であり部活動が盛んである。近年スポーツの分野では、サッカー部・ラグビー部・バレーボール部の活躍が著しい。

スクールカラーは緑。全国的には東福岡(ひがしふくおか)と、地元では(ひがし)と略されることが多い。

2016年に公開された映画『オオカミ少女と黒王子』の撮影に使われた。

沿革編集

教育理念編集

校訓編集

「努力に勝る天才なし」
「意志あるところ道あり」

教育目標編集

一・誠実で責任感の強い人
一・研究心旺盛で、一芸一能に秀でた人
一・健康で明朗な人

校歌編集

コース編集

コースは入学時に決定、原則的に所属コースの変更が行われることはないが、本人の適性や進路に変更が認められれば考慮されている。文理別は第2学年進級時に決定する。また奨学生制度が2007年度から改定された。

  • 進学コース
    • 文系クラス(2年次より選択地理歴史教科別クラスになる)
    • 理系クラス
  • 特進コース
    • 特別文系クラス(国立系・私立系)
    • 特別理系クラス(国立系・私立系)
  • 特進英数コース
    • 文系、理系でクラスは編成しない。2〜3クラス編成されるがそれぞれのクラスに文系選択者と理系選択者が所属する。ただし、クラス全員がすべての授業を共にするのは1年次まで。2年次からは理科と数学で文理で分かれ授業を受ける、また文系では世界史、日本史に分かれ授業が行われる。よって2年次からは国語や英語や体育など文理でも内容の変わることのない授業のみでクラス全員が同じ授業を受ける。また、進学コース・特進コースに比べクラスの人数が少ない。特進英数コースから進学・特進コースに転コースはできるがその逆は出来ない。コースの目標は九州大学レベル以上の国立大学に合格することであり授業のレベルは高く進度も速い。
  • 自彊館コース
    • 東福岡自彊館中学校からの進学のみ。高校からの募集なし(ただし転入を除く)。

部活動編集

サッカー部編集

サッカー部は1997年時には公式戦52戦無敗で、史上初の高校三冠(高校総体高円宮杯選手権)を達成した。ユニフォームの色から「赤い彗星」と呼ばれる。三冠当時の監督は志波芳則で、コーチは寺西忠成。志波が勇退後は元アビスパ福岡森重潤也が監督を務めている。

世界・主要全国タイトルは、計9回(サニックス杯国際ユース1回・インターハイ3回・選手権3回・全日本ユース1回・FBS杯1回)を誇る。

野球部編集

野球部は1993年の全国高等学校野球選手権大会夏の甲子園)に、1998年の選抜高等学校野球大会春の甲子園)にそれぞれ初出場し、以後どちらも複数回出場している。

ラグビー部編集

全国高等学校ラグビーフットボール大会で上位進出を続ける強豪に成長。第87回大会から第96回大会までの10年間で6度の優勝、3度のベスト4という圧倒的な結果を残している。

2007年に行われた第87回大会で初の全国制覇を達成し、2009年第89回大会、2010年第90回大会、2011年第91回大会と3連覇。国内公式戦80戦無敗とした。その後も連勝を続け記録は83まで伸びた。サニックス・ワールド・ラグビー・ユース交流大会は2009年で三回目の準優勝を果たした。他の日本高校チームより多い準優勝数である。

高校日本代表を数多く輩出し、また花園最多得点記録や花園決勝最多得点・最多得点差記録、花園100点試合最多勝利数等々の記録を持つ。

2014年度・2016年度には全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会、7人制ラグビーのアシックスカップ全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会全国高等学校ラグビーフットボール大会の3冠を達成。

全国高等学校ラグビーフットボール大会

全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会

  • 優勝5回(第10回・第11回・第13回・第15回・第17回)

全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会

  • 優勝3回(第1回・第3回・第4回)

ボクシング部編集

ボクシング部は2003年に夏のインターハイ初制覇を果たした。

バレーボール部編集

バレーボール部は2014年度と2015年度に夏のインターハイ春高バレーで優勝し二冠を果たすなど、近年急激に強豪チームの仲間入りをした。今まで獲得した全国タイトルは、計9回(インターハイ1回・国体6回・選手権2回)である。

行事・施設編集

  • 学園祭は6月、体育祭は9月に実施されている。
  • 予餞会は福岡サンパレスで12月に開催。卒業生縁故の芸能人らもステージに上がる。予餞会の看板は美術部が毎年、作成している。また体育祭、学園祭の看板・モニュメントも美術部が作成している。
  • 修学旅行は2006年度から企画変更になった。3月にスキー体験、関東首都圏研修などに行く。
  • 2010年に新校舎が完成。また運動場も人工芝化した。
  • ちなみにグラウンドの広さはヤフードームグラウンドの約1.7倍で、九州の高校では初といえる全面人工芝化を導入。ドイツなどのプロサッカークラブのホームグラウンドにも使われている最先端の人工芝を使い、けが防止とともに砂の飛散を解消。さらに温度制御チップを組み合わせることで夏場の表面温度は一般の人工芝比マイナス8度となっている。さらに生徒の安全に配慮して、ラグビーコートには緩衝材(ショックパッド)が埋め込まれてる。
  • 2015年には、雄飛館(体育館)が老朽化のため、全面改修工事を実施。

関係学校編集

  • 東福岡自由ヶ丘幼稚園

著名な出身者編集

政治編集

学者編集

作家編集

芸能編集

スポーツ編集

サッカー選手編集

選手名 出身 Pos 進学先 入団クラブ 現在の所属クラブ
河原忠明 1968 1986 福岡県 DF 大阪体育大学 横浜フリューゲルス 現役引退
有村光史 1976 1994 福岡県 DF 福岡教育大学 サガン鳥栖 現役引退。大分東明高校サッカー部監督
西政治 1977 1995 福岡県 DF アビスパ福岡 現役引退。京都学園大学サッカー部コーチ
山下芳輝 1977 1995 福岡県 FW アビスパ福岡 現役引退
小島宏美 1977 1995 福岡県 FW ガンバ大阪 現役引退。愛工大名電高校サッカー部コーチ
堤健吾 1978 1996 大分県 DF 国士舘大学 カターレ富山 現役引退
古賀正紘 1978 1996 福岡県 DF 名古屋グランパスエイト 現役引退。名古屋グランパス スクールコーチ
星野真悟 1978 1996 福岡県 DF 愛知学院大学 愛媛FC
本山雅志 1979 1997 福岡県 MF 鹿島アントラーズ ギラヴァンツ北九州
手島和希 1979 1997 福岡県 DF 横浜フリューゲルス 現役引退。京都サンガU-18コーチ
古賀誠史 1979 1997 福岡県 DF 横浜マリノス 現役引退。アビスパ福岡U-15コーチ
金古聖司 1980 1998 福岡県 DF 鹿島アントラーズ 現役引退。本庄第一高等学校監督
千代反田充 1980 1998 福岡県 DF 筑波大学 アビスパ福岡 現役引退
宮原裕司 1980 1998 福岡県 MF 名古屋グランパスエイト 現役引退。ガンバ大阪コーチ
富永康博 1980 1998 福岡県 GK 名古屋グランパスエイト 現役引退。京都サンガF.C.GKコーチ
山形恭平 1981 1999 福岡県 MF サンフレッチェ広島 現役引退
奈良崎寛 1981 1999 福岡県 FW 福岡大学 サガン鳥栖 現役引退
真子秀徳 1982 2000 福岡県 GK 福岡教育大学 ファジアーノ岡山 現役引退
大西容平 1982 2000 岡山県 FW 阪南大学 ヴァンフォーレ甲府 現役引退
山形辰徳 1983 2001 福岡県 DF アルビレックス新潟 現役引退
衛藤裕 1983 2001 福岡県 MF 福岡大学 サガン鳥栖 現役引退
悦田嘉彦 1984 2002 鹿児島県 MF 福岡経済大学 ホンダロックSC 現役引退。ホンダロックSCコーチ
木本敬介 1984 2002 大分県 FW 関西大学 カターレ富山 現役引退。カターレ富山普及コーチ
池元友樹 1984 2002 福岡県 FW  CAリーベル・プレート ギラヴァンツ北九州
足立高俊 1985 2003 鹿児島県 MF 浜松大学 佐川印刷
近藤徹志 1986 2004 福岡県 DF 浦和レッズ 現役引退
長友佑都 1986 2004 愛媛県 MF 明治大学 FC東京   ガラタサライSK
棚橋雄介 1987 2006 東京都 FW 阪南大学 カターレ富山 VONDS市原
井手口正昭 1988 2006 福岡県 MF 阪南大学 横浜FC  ホアンアイン・ザライFC
市川稔 1988 2006 福岡県 MF 福岡大学 栃木ウーヴァFC AS CASA
串間雄峰 1989 2007 福岡県 DF 福岡大学 ホンダロックSC ホンダロックSC
井上翔太 1989 2007 愛媛県 MF 阪南大学 セレッソ大阪 ギラヴァンツ北九州
坂井達弥 1990 2008 福岡県 DF 鹿屋体育大学 サガン鳥栖
篠原弘次郎 1991 2009 佐賀県 DF ファジアーノ岡山 アビスパ福岡
田中達也 1992 2010 福岡県 FW 九州産業大学 ロアッソ熊本 大分トリニータ
松内徹 1992 2010 福岡県 MF FC琉球
馬渡洋樹 1994 2012 福岡県 GK 鹿屋体育大学 愛媛FC ファジアーノ岡山FC
熊本雄太 1995 2013 福岡県 DF 早稲田大学 モンテディオ山形 モンテディオ山形
松田天馬 1995 2013 熊本県 MF 鹿屋体育大学 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ
木戸皓貴 1995 2013 福岡県 FW 明治大学 アビスパ福岡 アビスパ福岡
増山朝陽 1996 2014 福岡県 MF ヴィッセル神戸 アビスパ福岡
中島賢星 1996 2014 佐賀県 MF 横浜F・マリノス FC岐阜
木藤舜介 1996 2014 福岡県 FW 立命館大学 FC大阪
中村健人 1997 2015 大分県 MF 明治大学 鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島ユナイテッドFC
毎熊晟矢 1997 2015 長崎県 MF 桃山学院大学 V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎
小田逸稀 1998 2016 佐賀県 DF 鹿島アントラーズ FC町田ゼルビア
藤川虎太朗 1998 2016 福岡県 MF ジュビロ磐田 ジュビロ磐田
高江麗央 1998 2016 熊本県 MF ガンバ大阪 FC町田ゼルビア
阿部海大 1999 2017 大分県 DF ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山
福田湧矢 1999 2017 福岡県 MF ガンバ大阪 ガンバ大阪
中村拓海 2000 2018 大分県 DF FC東京 FC東京
荒木遼太郎 2002 2019 熊本県 MF 鹿島アントラーズ 鹿島アントラーズ
  • 各国の全国リーグ(日本の場合、J1, J2, J3, JFL)に所属した選手。「入団クラブ」列に、最初に所属した全国リーグのクラブを記載
  • 「現在の所属クラブ」列には、2018年度所属チームを記載

サッカーそのほか編集

選手名 出身 主な経歴
中山英樹 1981 1999 福岡県 サッカー指導者

ラグビー編集

バックス (BK)にはスクラムハーフ (SH, 9番)およびフライハーフ/スタンドオフ (FH/SO, 10番)のハーフバックを含む。 (ラグビーのポジション参照)

選手名 出身 Pos (FW/BK) 進学先 所属歴
村田亙 1967 1985 福岡県 BK 専修大学 東芝府中, アビロン・バイヨンヌ, ヤマハ発動機/元ラグビー日本代表
鬼束竜太[1] 1972 1990 福岡県 BK 同志社大学 ワールド, サニックス/元日本代表
江口剛[2] 1974 1992 BK 京都産業大学 九電/元関西代表・九州代表[要出典]
柳竜一朗[3] 1974 1992 福岡県 FW 法政大学 コカ・コーラウエスト/元九州代表[要出典]
月田伸一[4] 1975 1993 福岡県 BK 早稲田大学 リコー/元日本代表[5]
大藪淳[6] 1975 1993 福岡県 BK 九州国際大学 近鉄/元関西代表[7]
松尾大樹[8] 1976 1994 福岡県 FW 大東文化大学 東芝府中/元日本代表[9]
谷口大督[10][11] 1981 1999 FW 法政大学 九電/元U19日本代表[12]
左座正二郎 1978 1996 福岡県 FW 慶應義塾大学 神戸製鋼/元高校日本代表, 元U23日本代表
林仰 1980 1998 大分県 FW 明治大学 サントリー/元高校日本代表[12]
西田創 1983 2001 福岡県 BK 立教大学 NEC
長谷川圭太 1983 2001 福岡県 FW 中央大学 サントリー
有田啓介 1984 2002 福岡県 BK 中央大学[13] トヨタ自動車/元U19日本代表, 元U23日本代表
大山貴弘 1984 2002 福岡県 FW 日本大学[14] 九電
山本秀文 1984 2002 福岡県 BK 法政大学 NEC/7人制日本代表
和田耕二 1985 2003 福岡県 BK 法政大学[15] トヨタ自動車/元日本代表
豊田将万[16] 1986 2004 福岡県 FW 早稲田大学[17] コカ・コーラウエスト/日本選抜
浦川伸太郎 1986 2004 福岡県 FW 拓殖大学[18] 九電
島拓也 1986 2004 福岡県 BK 立命館大学 九電
仲西良太 1986 2004 福岡県 FW 明治大学 九電
有田将太[19] 1986 2004 福岡県 FW 法政大学[20] コカ・コーラウエスト
角谷洋平[21] 1986 2004 FW 拓殖大学 NTTコミュニケーションズ
熊谷皇紀[22] 1978 1996 福岡県 FW 法政大学 NEC/元日本代表[23]
磯岡正明 1982 2000 福岡県 FW 法政大学 NEC/元U19, U21日本代表
宮本賢二 1987 2005 福岡県 BK 法政大学 サントリー, 元U19日本代表
有田隆平 1988 2006 福岡県 FW 早稲田大学[24] コカ・コーラ, 神戸製鋼, サンウルブズ/元高校日本代表, 元U20日本代表, 日本代表
工藤良麻 1989 2007 熊本県 BK 立命館大学 ヤマハ発動機, COBRA rugby club, 日本IBMビッグブルー
才田修二 1988 2006 福岡県 FW 同志社大学 近鉄
千布亮輔[25] 1988 2006 福岡県 FW 明治大学 JR九州, NTTドコモ, 釜石SW, 日野/元高校日本代表
光安俊貴 1988 2006 福岡県 FW 法政大学 ホンダ
中村正寿 1988 2006 福岡県 BK 日本大学 リコー
茅島雅俊 1989 2007 福岡県 FW 明治大学 コカ・コーラ
正海智大 1989 2007 熊本県 BK 同志社大学 九電/元高校日本代表, 元U20日本代表, 7人制日本代表
竹下祥平 1989 2007 福岡県 BK 法政大学[26] サントリー/元U20日本代表, 7人制日本代表
山下昂大 1989 2007 福岡県 FW 早稲田大学[27] コカ・コーラ/元高校日本代表, 元U20日本代表
上田竜太郎 1990 2008 福岡県 FW 早稲田大学[28] NTTコム/元高校日本代表, 元U20日本代表
小川高廣 1990 2008 福岡県 BK 日本大学[29] 東芝/7人制日本代表
小野寛智 1990 2008 福岡県 BK 帝京大学 NTTコム/元U20日本代表
金本航 1990 2008 福岡県 FW 同志社大学 Honda/元高校日本代表
猿楽直希 1990 2008 福岡県 BK 明治大学 コカ・コーラ/元高校日本代表, 元U20日本代表
秋山哲平 1991 2009 福岡県 FW 同志社大学[30] NEC
垣永真之介 1991 2009 福岡県 FW 早稲田大学[31] サントリー, サンウルブズ/日本代表
香山良太 1991 2009 福岡県 BK 青山学院大学[32] Honda/元高校日本代表
川原田徹 1991 2009 福岡県 FW 法政大学 ヤマハ発動機
北川賢吾 1992 2010 福岡県 FW 同志社大学 クボタ/元高校日本代表, 元U20日本代表, 日本代表
村川浩喜 1991 2009 福岡県 FW 筑波大学 豊田自動織機/元U20日本代表
山北純嗣 1991 2009 福岡県 BK 中央大学[33] コカ・コーラ
中島進護 1992 2010 福岡県 FW 福岡工業大学[34] NTTコム/7人制日本代表
西内勇人 1992 2010 福岡県 FW 法政大学[35] ヤマハ発動機/元U20日本代表
布巻峻介 1992 2010 福岡県 FW[36] 早稲田大学 パナソニック, サンウルブズ/元高校日本代表, 元U20日本代表, 日本代表
松波昭哉 1992 2010 福岡県 FW 明治大学 クボタ/元高校日本代表, 元U20日本代表
水上彰太 1992 2010 長崎県 FW 筑波大学 パナソニック/元U20日本代表
岩村昂太 1993 2011 福岡県 BK 同志社大学 トヨタ自動車
木村貴大 1993 2011 福岡県 BK 筑波大学 豊田自動織機, サンウルブズ/元高校日本代表, 元U20日本代表
才田智 1993 2011 福岡県 FW 同志社大学[37] クボタ/元U20日本代表
平野翔平 1993 2011 福岡県 FW 東海大学 パナソニック/元高校日本代表, 元U20日本代表
藤田慶和 1993 2011 福岡県 BK 早稲田大学 パナソニック, サンウルブズ/元高校日本代表, 日本代表, 7人制日本代表
川上剛右 1994 2012 福岡県 BK 関西大学 三菱重工相模原
崔凌也[38] 1994 2012 福岡県 FW 筑波大学 トヨタ自動車
牧野内翔馬 1994 2012 福岡県 FW 法政大学 NTTコム/元高校日本代表, 元U20日本代表
白濱弘章 1994 2012 福岡県 FW 九州共立大学[39] 宗像サニックス
西内勇二 1994 2012 福岡県 FW 法政大学 ヤマハ発動機
花田広樹 1994 2012 福岡県 FW 福岡大学 コカ・コーラ/九州学生選抜, 7人制日本選抜
廣川翔也 1994 2012 福岡県 FW 慶應義塾大学 ヤマハ発動機
古川浩太郎 1994 2012 福岡県 BK 専修大学 日野
鹿尾貫太 1995 2013 福岡県 BK 東海大学 ヤマハ発動機/日本代表
占部航典 1995 2013 福岡県 FW 筑波大学[40] キヤノン/元高校日本代表, 元U20日本代表
古川聖人 1996 2014 福岡県 FW 立命館大学[41] トヨタ自動車/元U20日本代表, 日本代表
土山勇樹 1996 2014 福岡県 FW 法政大学 ヤマハ発動機/元高校日本代表, 元U20日本代表
今村陽良 1996 2014 福岡県 FW 帝京大学 神戸製鋼/元U20日本代表
松尾将太郎 1996 2014 福岡県 BK 明治大学 NTTコム/元U20日本代表
古賀駿汰 1996 2014 福岡県 BK 青山学院大学 クボタ
永富晨太郎 1996 2014 福岡県 BK 同志社大学 クボタ/元高校日本代表, 元U20日本代表
岩佐賢人 1996 2014 福岡県 BK 近畿大学 クボタ/元高校日本代表
髙野恭二 1996 2014 福岡県 BK 青山学院大学[42] 宗像サニックス
藤田達成 1996 2014 福岡県 FW 帝京大学 NTTドコモ/元高校日本代表, 元U20日本代表

ボクシング編集

野球編集

その他編集

漫画家編集

周辺編集

交通編集

関連項目編集

出典リスト編集

  1. ^ ジャパンラグビートップリーグHPより
  2. ^ 選手プロフィール - JRFU
  3. ^ ジャパンラグビートップリーグHPより
  4. ^ ジャパンラグビートップリーグHPより
  5. ^ 防衛医大ラグビー部より
  6. ^ ジャパンラグビートップリーグHPより
  7. ^ 関西代表vs関東代表 (2001年3月4日)
  8. ^ ジャパンラグビートップリーグHPより
  9. ^ 日本A代表ニュージーランド遠征メンバー (2004.04.12) - JRFU
  10. ^ 選手プロフィール - JRFU
  11. ^ 「大督」は"ダイスケ"と読む。
  12. ^ a b 99年度高校日本代表・U19代表候補一覧
  13. ^ ラグビー部主将
  14. ^ 2006年ラグビー部主将
  15. ^ 2007年ラグビー部主将
  16. ^ 「将万」は"マサカズ"と読む。
  17. ^ 2008年ラグビー部主将
  18. ^ 2008年ラグビー部主将
  19. ^ 「将太」は"マサヒロ"と読む。
  20. ^ 2008年ラグビー部主将
  21. ^ 選手プロフィール - JRFU
  22. ^ 読みは"クマガエ タカノリ"
  23. ^ トップリーグHPより
  24. ^ 2010年ラグビー部主将
  25. ^ 姓の読みは"チフ"
  26. ^ 2011年ラグビー部主将
  27. ^ 2011年ラグビー部主将
  28. ^ 2012年ラグビー部主将
  29. ^ 2012年ラグビー部主将
  30. ^ 2013年ラグビー部主将
  31. ^ 2013年ラグビー部主将
  32. ^ 2013年ラグビー部主将
  33. ^ 2013年ラグビー部主将
  34. ^ 2014年ラグビー部主将
  35. ^ 2014年ラグビー部主将
  36. ^ FLのほか、CTBでもプレイしている。
  37. ^ 2015年ラグビー部主将
  38. ^ 読みは"チェ ルンヤ"。
  39. ^ 2016年ラグビー部主将
  40. ^ 2017年ラグビー部主将
  41. ^ 2018年ラグビー部主将
  42. ^ ラグビー部キャプテン

外部リンク編集