東 秀紀(あずま ひでき、1951年3月27日 - )は、作家建築・都市史家東京都立大学特任教授

東 秀紀
(あずま ひでき)
誕生 東 秀紀
(あずま ひでき)
(1951-03-27) 1951年3月27日(70歳)
日本の旗 日本和歌山県
職業 作家
都市建築史家
東京都立大学特任教授
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学理工学部建築学科卒業
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン建築環境学部都市計画学コース博士前期課程修了
活動期間 1991年 -
ジャンル 歴史小説
都市文化
主題 建築
都市
観光
主な受賞歴 第19回歴史文学賞(『鹿鳴館の肖像』)
日本建築学会文化賞
計量計画研究所フェローシップ
稲門建築会特別功労賞
デビュー作漱石の倫敦、ハワードのロンドン
テンプレートを表示

略歴編集

和歌山県生まれ。1969年早稲田大学高等学院卒業、1973年早稲田大学理工学部建築学科卒業後、NKK(日本鋼管、現JFEスチールJFEエンジニアリング)に勤務中、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン建築環境学部都市計画学コース大学院に留学、博士前期課程修了英国王立都市計画家協会正会員。一級建築士資格所有。2002年日本建築学会文化賞を受賞。日本文藝家協会正会員

海外留学での知見をもととし、都市計画と文学をからませた『漱石倫敦、ハワードのロンドン』、『荷風とル・コルビュジエのパリ』などの著作を執筆したのち、1994年『鹿鳴館の肖像』で歴史文学賞を受賞し、小説家としてもデビュー。その後『東京駅の建築家:辰野金吾伝』、『ヒトラーの建築家』、『異形の城』、『東京都市計画家高山英華』など、主に専門である建築や都市計画の知識を活かした著作を発表。

NKKで都市総合研究所長を務めたのち、2004年清泉女学院大学教授、2008年首都大学東京教授。2016年定年退職。現在、東京都立大学特任教授

受賞歴編集

  • 1994年 第19回歴史文学賞(『鹿鳴館の肖像』)
  • 2001年 日本建築学会文化賞
  • 2004年 計量計画研究所フェローシップ
  • 2011年 稲門建築会特別功労賞

活動リスト編集

著書編集

共著 

小説編集

テレビ出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]


関連項目編集