メインメニューを開く

東群馬郡

群馬県の郡
日本 > 関東地方 > 群馬県 > 東群馬郡
群馬県東群馬郡の範囲

東群馬郡(ひがしぐんまぐん)は群馬県にあった

目次

郡域編集

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  1. 山王町、西善町、中内町、東善町および山王町一・二丁目
  2. 住吉町、平和町、岩神町、昭和町、国領町、若宮町、日吉町、城東町および千代田町、大手町の一部[1]

歴史編集

近世群馬郡のうち前橋市街とその周辺が分割されたもので、後に東接する南勢多郡に統合されたことから、事実上、群馬郡・勢多郡の境界変更の役割を担う形となった。

郡発足までの沿革編集

  • 明治初年時点では全域が上野前橋藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点の、群馬郡のうち後の当郡域に存在した村は以下の通り。●は村内に寺社領が存在。(1町29村)
前橋[2]、●前代田村、宗甫分村、市ノ坪村、紅雲分村、六供村、朝倉村、公田村、下公田村、茂右衛門分村、横手村、●新堀村、下阿内村、今宿村、善光寺村、力丸村、房丸村、後閑村、下佐鳥村、●上佐鳥村、橳島村、阿内宿村、竜門村、矢島村、阿内村、徳丸村、宮地村、天川村、●寺家村、●天川原村
  • 明治4年(1871年
  • 明治6年(1873年6月15日 - 熊谷県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年
    • 公田村・下公田村・茂右衛門分村が合併して三公田村となる。(1町27村)
    • 今宿村・善光寺村が合併して鶴光路村となる。(1町26村)
    • 阿内宿村・竜門村・矢島村・阿内村・寺家村が合併して亀里村となる。(1町22村)
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により、熊谷県が武蔵国の管轄地域を埼玉県に合併して群馬県(第2次)に改称。当郡域は群馬県の管轄となる。

郡発足以降の沿革編集

  • 明治11年(1878年12月7日 - 郡区町村編制法の群馬県での施行により、群馬郡のうち利根川以東の1町22村の区域に行政区画としての東群馬郡が発足。「東群馬南勢多郡役所」が前橋曲輪町に設置され、南勢多郡とともに管轄。
 
21.前橋町 22.上川淵村 23.下川淵村(桃:前橋市 1 - 15は南勢多郡 -は北勢多郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・前橋市。(1町2村)
    • 前橋町 ← 前橋曲輪町、前橋北曲輪町、前橋南曲輪町、前橋神明町、前橋柳町、前橋石川町、前橋堀川町、前橋田中町、前橋横山町、前橋本町、前橋竪町、前橋桑町、前橋萱町、前橋榎町、前橋田町、前橋立川町、前橋紺屋町、前橋連雀町、前橋相生町、前橋中川町、前橋片貝町、前橋新町、前橋芳町、前橋百軒町、前橋大塚町、天川村、紅雲分村[一部]、前代田村[一部]、宗甫分村[一部]、天川原村[一部]、南勢多郡前橋小柳町、前橋細ヶ沢町、前橋諏訪町、前橋向町、前橋神明町、才川村、清王寺村、岩神村、一毛村、国領村、萩村
    • 上川淵村 ← 六供村、市ノ坪村、橳島村、朝倉村、後閑村、上佐鳥村、下佐鳥村、宮地村および前代田村[大部分]、宗甫分村[大部分]、天川原村[大部分]、紅雲分村[大部分]
    • 下川淵村 ← 亀里村、横手村、三公田村、鶴光路村、新堀村、力丸村、房丸村、徳丸村、下阿内村
  • 明治25年(1892年)4月1日 - 前橋町が市制施行して前橋市となり、郡より離脱。(2村)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「東群馬南勢多郡役所」の管轄区域をもって勢多郡(第2次)が発足。同日東群馬郡廃止。

備考編集

「県庁所在地が勢多郡前橋であるにもかかわらず群馬県となったのは、当初は群馬郡高崎に県庁を設置する予定だったからである」と記述する資料が見られる。高崎に県庁を設置する予定であったことは事実であるが、群馬県の設置時には前橋市街の大部分は群馬郡に所属していたため、上記の説は誤りである。

行政編集

東群馬・南勢多郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月7日
明治29年(1896年)3月31日

脚注編集

  1. ^ 前橋市街における住居表示の実施により境界線は不詳。
  2. ^ 前橋城下各町の総称。「旧高旧領取調帳」には記載なし。本項では便宜的に1町として数える。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
群馬郡(第1次)
行政区の変遷
1878年 - 1896年
次代:
勢多郡(第2次)