東脊振村

日本の佐賀県神埼郡にあった村

東脊振村(ひがしせふりそん)は、佐賀県北東部にあった2006年3月1日、隣接する三田川町と合併し吉野ヶ里町となった。

ひがしせふりそん
東脊振村
霊仙寺跡
廃止日 2006年3月1日
廃止理由 新設合併
三田川町東脊振村吉野ヶ里町
現在の自治体 吉野ヶ里町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
神埼郡
市町村コード 41324-1
面積 33.09km2
総人口 6,240
国勢調査、2005年)
隣接自治体 神埼郡神埼町、三田川町、脊振村三養基郡上峰町みやき町
福岡市筑紫郡那珂川町
村の木 サザンカ
村の花 サザンカ
東脊振村役場
所在地 842-0193
佐賀県神埼郡東脊振村大字三津777番地
吉野ヶ里町役場東脊振支所(旧東脊振村村役場)
座標 北緯33度21分06秒 東経130度23分53秒 / 北緯33.35158度 東経130.39817度 / 33.35158; 130.39817座標: 北緯33度21分06秒 東経130度23分53秒 / 北緯33.35158度 東経130.39817度 / 33.35158; 130.39817
HigashisefuriSonKennai1889.png
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

12世紀栄西中国から持ち帰った茶の種を最初に蒔いた地とされ、日本における栽培の発祥の地といわれている。

地理編集

北部が脊振山地、背振山の東にある。背振山の山頂は、西隣の脊振村にある。南部は筑紫平野の一部である。

隣接していた市町村・行政区編集

歴史編集

行政編集

  • 村長:多良正裕(最終代)

産業編集

農業編集

主な農産品は米・麦・いちご・茶など。

工業編集

九州自動車道に近い地の利を活かし、製造業の誘致が図られている。

東脊振村に工場を置く主要企業編集

特産品編集

栄西茶・神埼そうめんなど。

地域編集

教育編集

小・中学校編集

交通編集

最寄り空港は佐賀空港または福岡空港

バス路線編集

一般路線バス編集

高速バス編集

道路編集

高速道路編集

一般国道編集

県道(主要地方道)編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

関連項目編集

外部リンク編集