メインメニューを開く

東 良三郎(ひがし[1] / あずま[2] りょうざぶろう、文久3年1月18日[1]1863年3月7日) - 大正5年(1916年1月24日[2])は、日本の衆議院議員立憲改進党憲政本党)。弁護士

経歴編集

備中国川上郡松原村(現在の岡山県高梁市)出身[3]司法省法学校法学を学んだ[3]1888年明治21年)より松江東京大阪の各裁判所で判事を務めた[3]1893年(明治26年)に官を辞し、大阪で弁護士を開業した[3]

1894年(明治27年)、第3回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第6回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

親族編集

出典編集

参考文献編集

  • 山崎謙『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。