メインメニューを開く

東芝EMI本社ビル(とうしばイーエムアイほんしゃビル)は、東京都港区にかつて存在した事務所録音スタジオの複合ビルである。

東芝EMI本社ビル
TOSHIBA EMI 2007.jpg
建物外観
情報
用途 事務所録音スタジオ
設計者 鹿島建設
施工 鹿島建設
建築主 東芝イーエムアイ
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造及び鉄筋コンクリート構造
敷地面積 616.36 m²
建築面積 522.45 m² (建蔽率85%)
延床面積 4,362.5 m² (容積率708%)
階数 地上7階地下1階
高さ 32.98m
エレベーター数 3基
着工 1980年9月
竣工 1982年5月
所在地 107-8510
東京都港区赤坂2-2-17
座標 北緯35度40分18秒 東経139度44分32秒 / 北緯35.67167度 東経139.74222度 / 35.67167; 139.74222座標: 北緯35度40分18秒 東経139度44分32秒 / 北緯35.67167度 東経139.74222度 / 35.67167; 139.74222
備考 解体済み。
テンプレートを表示

概要編集

東芝EMIの創立25周年記念事業として、近隣のビルに分散していた事務所の集約と高度化するアーティストのニーズに対応したスタジオを設ける目的で建設された。この頃に『ルビーの指環』がヒットしたことから「寺尾ビル」の愛称で親しまれ、1階部分ものちに改修したと同時に「宇多田ロビー」と命名された。裏側にある別館についても「ユーミンビル」と呼ばれていた。

構造と外観編集

階段や設備類を両端に配したダブルコアと、その間に19mの幅がある鉄骨鉄筋コンクリート構造の大を持つスーパーラーメン構造とした事で、1階のロビー及び事務室のある基準階はのない空間が広がり、また事務室のフロアでは高さ1.7mの横連窓が可能になった。窓の両端は、火災時の排煙対策及び非常時の進入口を確保するため、幅3mに及ぶ引き戸となっている。しかし、当時の日本メーカーにはそれに対応できる部品を持つメーカーがなく、ドイツシューコードイツ語版製が用いられた。

目の前の溜池通り地下を東京地下鉄銀座線が走行し、その振動問題などからスタジオを最上階に納めた事に加え、打ち放しのコンクリートグレーメタリックの吹付タイル仕上げとした事から、外観は安定かつ重量感があるものとなった。なお、当初は外壁及び1階ロビーの仕上げ材に着色コンクリートが用いられる予定であったが諸般の事情で見送られたという。

移転~解体へ編集

2006年7月、東芝EMIは当ビルから赤坂サカス内の赤坂Bizタワーへ本社を移転する事を発表[1]東芝の資本撤退によるEMIミュージック・ジャパンへの社名変更を経て2008年2月から業務を開始した。2013年には、ユニバーサル ミュージック グループEMIを買収した事に伴いユニバーサル ミュージック合同会社合併したため同社の赤坂オフィスとなり、2018年9月に渋谷区神宮前神宮前タワービルディング)へ再度移転するまで利用している[2]。スタジオ機能については品川区で関連会社が運営する「スタジオ・テラ」に移転したが[3]2010年6月30日付で営業を終了した[4]

移転後の建物は解体され、鹿島建設などにより新しいオフィスビルを建設[5]。2010年にこのビルを日本生命保険が取得して[6]ニッセイ溜池山王ビルとなった。

フロア構成編集

第3スタジオ編集

7階のスタジオ(第3スタジオ)は、ストリングスのような大規模編成に対応できる広さと4.5mの天井高を持ち、ムク材や煉瓦の壁面などで響きのよい環境にこだわった。ミキシング・コンソールニーヴ社製「8078カスタム」を採用。スタジオの閉鎖まで長らく使用され、これは日本で原型のまま稼働していた最後の1台であった[7]

ここから、数多くの楽曲がレコーディングされて世に送り出されたが、アーティストやスタッフの中にはこのスタジオを指名する声も多かったという[7]

録音経験のあるアーティスト編集

忌野清志郎宇多田ヒカルウルフルズ小沢健二オフコースコールドプレイ[3]坂本冬美椎名林檎BLANKEY JET CITY薬師丸ひろ子RADWIMPSローリング・ストーンズ

他多数

出典編集

  1. ^ “東芝EMI、本社移転を発表”. オリコンニュース. (2006年7月4日). http://www.oricon.co.jp/news/27067/full/ 2017年8月27日閲覧。 
  2. ^ “本社移転予定に関するお知らせ” (プレスリリース), ユニバーサルミュージック, (2018年7月24日), https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2018-07-24/ 2019年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “ザ・ローリング・ストーンズなどがレコーディングをした溜池山王のスタジオが閉鎖に”. rockinon.com. (2008年1月24日). https://rockinon.com/news/detail/1996 2017年8月27日閲覧。 
  4. ^ “EMI、studio TERRAの営業を終了”. Musicman-NET. (2010年4月26日). https://musicman-net.com/business/334 2017年8月27日閲覧。 
  5. ^ “【開発】赤坂のEMIミュージック・ジャパン旧本社跡地などで、鹿島が賃貸オフィスビル2棟を建設”. 日経不動産マーケット情報. (2008年5月26日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fa/members/news/20080516/520286/ 2017年8月27日閲覧。 
  6. ^ “【売買】赤坂・東芝EMI跡地で建設中のビル2棟を取得、日本生命保険”. 日経不動産マーケット情報. (2009年10月23日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20091016/536116/ 2017年8月27日閲覧。 
  7. ^ a b “特集:EMIミュージック・ジャパン、本社移転で2スタ・3スタ営業終了”. 文化通信. (2008年2月8日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=585 2017年8月27日閲覧。 

参考文献編集

  • 建築思潮研究所「実作資料編・東芝EMI本社ビル」『建築設計資料4 オフィスビル』建築資料研究社、1984年3月、117-121頁。ISBN 4874602525

関連項目編集

外部リンク編集