メインメニューを開く

医療法人財団東京勤労者医療会 東葛病院(いりょうほうじんざいだんとうきょうきんろうしゃいりょうかい とうかつびょういん)は、千葉県流山市にある医療機関東京勤労者医療会が開設する病院である。2016年5月1日につくばエクスプレス流山セントラルパーク駅前の新病院に移転した。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東葛病院
東葛病院.jpg
情報
正式名称 医療法人財団東京勤労者医療会 東葛病院
英語名称 Tokatsu Hospital
前身 東葛病院
標榜診療科 内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

366床
一般病床:330床



療養病床:36床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 東京勤労者医療会
管理者 井上 均(院長)
開設年月日 1982年7月
所在地
270-0153
二次医療圏 東葛北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

もともと東京勤労者医療会や民医連とは無関係の北医療グループ(現・東京ほくと医療生活協同組合)が、1982年に開設した約400床の病院であったが、1年後の1983年に経営破綻した。その後から全日本民主医療機関連合会の支援が行われ、日本各地から医師看護師が派遣された。

病院の理念は「人間の尊厳と患者の権利を守り、安全・安心の医療、差別のない医療、納得の医療を患者様や地域の方々とともに目指します。」であり、誰もが安心してかかることのできる病院を目指している。

地域の総合病院として、各診療科の専門性を高めていくことに加え、ER型の救急外来では24時間、断らない医療をおこなっている。

2011年にはWHO推奨の国際的なネットワークであるHPH(Health Promoting Hospital:健康増進活動拠点病院)に加盟し、健康の社会的決定因子に目を向け、地域や職域の健康増進にも力を尽くしている。2016年5月からは流山セントラルパーク駅前の新病棟に移設した。

診療科編集

医療機関の指定等編集

付属診療所・併設編集

  • 流山市中部地域包括支援センター(東葛病院内)
  • 東葛病院付属流山セントラルパーク駅前診療所(千葉県流山市前平井155)
  • 東葛歯科(千葉県流山市前平井155)
  • 東葛看護専門学校(千葉県流山市下花輪409)

交通アクセス編集

現在の病院および診療所・歯科は、つくばエクスプレス・流山セントラルパーク駅前である。

旧病院および東葛看護専門学校は、つくばエクスプレス・JR東日本武蔵野線南流山駅、または流鉄流山線・平和台駅流山駅より東武バス京成バスに乗車し、「花輪城跡公園」下車。または流山駅より徒歩約15分。

病院無料送迎バス編集

新病院移転にあわせ、再編された。

脚注編集

外部リンク編集