メインメニューを開く

東邦航空株式会社(とうほうこうくう)は、日本で唯一のヘリコミューター輸送を行っている航空会社である。

東邦航空
TOHO AIR SERVICE
IATA
-
ICAO
THK
コールサイン
-
法人番号 7010601031312
設立 1960年7月7日
親会社 川田工業株式会社
代表者 宇田川雅之代表取締役社長)
外部リンク http://www.tohoair.co.jp/
テンプレートを表示
東邦航空株式会社
TOHO AIR SERVICE Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
136-0082
東京都江東区新木場四丁目7番51号
東京ヘリポート
設立 1960年7月7日
業種 空運業
法人番号 7010601031312
事業内容 航空運送事業等
代表者 宇田川雅之代表取締役社長)
資本金 180,000,000円
純利益 7113万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 58億1492万3000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 川田工業株式会社 66.6%
外部リンク http://www.tohoair.co.jp/
テンプレートを表示
御蔵島ヘリポートに到着した東邦航空のヘリコプターS-76

目次

概要編集

高速回転翼航空機である「シコルスキーS-76」でヘリコミューター輸送を行っている。また、ヘリコプターを使用した山小屋への物資荷上げや、送電線建設、遊覧飛行なども行っている。2011年にはドクターヘリ事業を開始した。川田工業の連結子会社である。

かつてはヘリコプターを使用した民間山岳遭難救助活動も行っており、2000年には山岳救助部門を有限会社トーホーエアーレスキューとして分社化したが、2002年にヘリコプターを利用した民間山岳救助のパイオニア的存在であった同社代表の篠原秋彦が救助活動中の事故により死亡し、山岳遭難救助から撤退した。

沿革編集

事故・インシデント編集

1980年代前半は農薬散布中の事故が多発した。2000年代以降は資材輸送、物資輸送中の事故が多く発生している。

就航路線編集

  • 八丈島 - 青ヶ島 - 八丈島 - 御蔵島 - 三宅島 - 大島 - 利島 - 大島 - 三宅島 - 御蔵島 - 八丈島

(すべて1日1便・通年運航)

主な運航機種編集

  • アエロスパシアル
SA365N1 AS365N2.3 ドーファン2、AS355F2 エキュレイユ2、AS350B、AS350B2、AS350B3 エキュレイユ、SA341G ガゼル
  • シコルスキー
S-76C+、S-76C++
  • ユーロコプター
EC155B、EC135P1、EC135T1、EC135T2
  • 川崎
BK117C-2
  • ベルヘリコプター
ベル412EP
  • セスナ
172N/Pスカイホーク

事業所編集

主要取引先編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集