東郷和彦

日本の外交官、評論家、政治学者 (1945-)

東郷 和彦(とうごう かずひこ、1945年昭和20年〉1月10日 - )は、元日本外交官評論家政治学者国際関係論)で、Ph.D.人文科学ライデン大学2009年)である。

とうごう かずひこ
東郷 和彦
生誕 東郷 和彦
(とうごう かずひこ)
(1945-01-10) 1945年1月10日(77歳)
日本の旗 日本長野県北佐久郡軽井沢町
居住 日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
オランダの旗 オランダ
アイルランドの旗 アイルランド
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 外務省
ライデン大学
プリンストン大学
京都産業大学
出身校 東京大学教養学部卒業
ライデン大学大学院修了
主な業績 二島先行返還論の提唱
『北方領土交渉秘録――
失われた五度の機会』を上梓
『戦後日本が失ったもの――
風景・人間・国家』を上梓
影響を
与えた人物
佐藤優
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

外務省条約局局長、外務省欧亜局局長、オランダ駐箚特命全権大使、ライデン大学附属国際アジア研究所教授プリンストン大学東アジア研究学部講師、京都産業大学法学部教授、京都産業大学世界問題研究所所長などを歴任した。

概要編集

長野県出身で、東京大学教養学部を経て、1968年外務省に入省した。欧亜局の審議官大臣官房総括審議官を経て、条約局や欧亜局の局長を歴任した。オランダ特命全権大使としてデン・ハーグに赴任するも、鈴木宗男事件をきっかけに2002年罷免された。以降はライデン大学やプリンストン大学に勤務するとともに他の教育・研究機関の役職も兼任した。日本に帰国後は京都産業大学法学部教授、世界問題研究所所長静岡県庁の対外関係補佐官、静岡県立大学グローバル研究所客員教授、それぞれを兼任した。2020年に京都産業大学を退職した。

人物編集

外務省ではロシア語研修閥である「ロシア・スクール」に属し、竹内行夫ら「アメリカ・スクール」と確執も取り沙汰された。外務省に強い影響力を有していた鈴木宗男と交際が深く、北方領土問題歯舞色丹二島先行返還論を唱えたことで、田中眞紀子外務大臣の意向で駐オランダ特命全権大使の着任を一時保留された。東郷や丹波實ら外務省のロシア・スクールが鈴木宗男事件をきっかけに一掃され、2006年8月の第31吉進丸事件を巡る対応で外務省の人材不足が指摘された。

家族・親族編集

母方の祖父は第二次世界大戦終戦時に外務大臣を務めた元外交官の東郷茂徳。母方の祖母はエディ・ド・ラランド(東郷エヂ)はユダヤ系ドイツ人であった[1]。父親は元外交官の東郷文彦。母親は茂徳の長女東郷いせ。『ワシントンポスト』元記者の東郷茂彦は双子の兄である。

先祖は豊臣秀吉朝鮮出兵の際に捕虜になり島津義弘の帰国に同行した朝鮮人陶工で、姓を朴(パク、ぼく)としていた。陶工達が集められた「苗代川」(現在の日置市東市来町美山)と呼ばれる地域では幕末まで朝鮮語が使われていたという。曽祖父の朴寿勝は優れた陶工で、横浜神戸にも積極的に出かけ、外国人にも焼き物を売り込む実業家としての手腕にも長けていた。東郷姓は祖父の代に買い受けたものだが、同じ薩摩出身の海軍元帥伯爵東郷平八郎と血縁関係はない。[要出典]

略歴編集

所属団体編集

TV出演編集

外務省同期編集

著書編集

単著編集

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 筒井功『新・忘れられた日本人』p.212
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集