メインメニューを開く

東郷 実友(とうごう さねとも、文化2年8月16日1805年9月8日)(?) - 慶応3年11月20日1867年12月15日))は、薩摩藩士幼名は仲太郎、通称は吉左衛門。東郷重弘の次男、東郷重友を家祖とする東郷氏6代目当主。宗旨は禅宗。父の実家の親族である篠崎七郎左衛門正心より水野流居合を学び、皆伝す。家格初め御小姓与。のち一代小番。郡奉行見習、徒目附、郡奉行、高奉行、納戸奉行を勤める。

目次

経歴編集

  • 文化2年(1805年)8月16日(?):東郷家6代目当主の東郷実愛の子として誕生。
  • 天保10年(1839年):郡奉行見習になる。
  • 嘉永4年:島津斉彬の藩主就任以来初の入国に御供する。なお、当時徒目附であった[1]
  • 弘化4年(1847年):郡奉行になる。
  • 安政6年4月;島津斉彬が指宿で行った井戸の増設を記念する碑を指宿郷(現在の鹿児島県指宿市)の上山氏や郡奉行所の同僚とともに二月田温泉に建る。
  • 文久元年(1861年)12月;藩に指宿郷の防砂事業に関する上申書提出。
  • 文久2年(1862年):5男四郎左衛門を除く子息とともに薩英戦争に出陣。実友、山川郷(現在の指宿市山川町)の山川砲台に配置され、子息らは鹿児島城下藩主本営に詰める。
  • 元治元年(1864年)3月:高奉行になり一代小番に昇格。後年、納戸奉行になる。
  • 慶応3年(1867年)6月11日:平八郎と四郎左衛門が分家する。
  • 慶応3年(1867年)11月20日:鹿児島城下で死去。

家族・親族編集

備考編集

実友は終始、方正勤直をもって聞こえた。また識見が有り、海外事情を注視して外国船の無礼を憤っていた。実友の詠んだ和歌に、「異国の船 くつかへせ 諸人の祈る 誠を知れよ神風」というのがあった。

「鹿児島城下絵図散歩」では、現在の鹿児島県鹿児島市加治屋町に東郷吉左衛門宅地があった。広さは267坪。なお、「聖将東郷全傅」では東郷吉左衛門宅についての記述あり。記述は以下のとおり。

「四方竹垣を以って囲み、門は北側に、家屋は東西に延び、八畳三間、六畳四間、四畳二間、二畳二間、納戸、物置、臺所、土間等からなり、邸南北両隅には倉庫を建て、其の中央に厩及び下男室を設け、庭は北に偏り、松の木の側に氏神を祀った小祠を安置し、その西側に紅白二株の梅、手洗石を挟んで立っていた」

なお、東郷家の家屋は西南戦争で焼失したという。また、隣近所に伊東茂右衛門祐之が住んでいた。

参考文献編集

  • 小笠原長生「聖将東郷全傳」
  • 塩満郁夫、友野春久編『鹿児島城下絵図散歩』 高城書房、2004年12月1日初版
  • 「鹿児島県史料 島津斉彬公史料 第一巻」

脚注編集

  1. ^ 「島津斉彬公史料 第一巻」参照