メインメニューを開く

東郷 彪(とうごう ひょう、1885年(明治18年)2月28日 - 1969年(昭和44年)6月5日)は、日本農商務官僚宮内官僚政治家爵位侯爵

東郷 彪
とうごう ひょう
Hyo Togo.jpg
東郷彪(1910 - 1920年頃)
生年月日 1885年2月28日
没年月日 (1969-06-05) 1969年6月5日(84歳没)
出身校 東京高等農学校卒業
前職 宮内省内匠寮御用掛
所属政党 火曜会
称号 侯爵

選挙区 侯爵議員
在任期間 1934年7月16日 - 1947年5月3日
テンプレートを表示

宮内省内匠寮御用掛、貴族院議員などを歴任した。

目次

来歴編集

東郷平八郎の長男として、1885年(明治18年)鹿児島県に生まれた。中学済々黌を経て、1911年(明治44年)、東京高等農学校を卒業した。卒業後は、農商務省の興津園芸試験場に勤務した。そののち、イギリスに留学(大正二年から五年まで)し、帰国後は宮内省に出仕し嘱託、新宿御苑勤務。大正八年式部官兼主猟官内匠寮御用掛となる。昭和二年には京都二條離宮にて御大礼用菊花を栽培。昭和九年には式部官兼主猟官を退官。

父である東郷平八郎の死後、襲爵する。侯爵として貴族院議員に就任し、帝国議会では火曜会に所属した。1947年(昭和22年)に貴族院が廃止されるまで議員として活動した。

人物編集

温厚な人柄で、黒猫の置物の収集や菊栽培などを趣味としており、新宿御苑で菊栽培などを手がけた。旧邸は母校である東京農業大学の厚木農場内に移築され、「黒猫荘」と呼ばれている。

著作編集

  • 『吾が父を語る』実業之日本社、1934年。

親族編集

関連項目編集

日本の爵位
先代:
東郷平八郎
侯爵
東郷家第2代
1934年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)