東金街道(とうがねかいどう)とは、千葉県道路愛称名により国道126号千葉市中央区東金市を結ぶ街道である[1]

街道
国道126号標識
東金街道
制定年 1987年指定
起点 千葉市中央区本町1丁目「広小路交差点」
主な
経由都市
千葉県千葉市、東金市
終点 千葉県東金市台方「台方十字路」交差点
接続する
主な道路
記法
国道128号標識国道128号
国道16号標識国道16号
国道14号標識国道14号
国道51号標識国道51号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

千葉において、古くは船橋から東金に通ずる御成街道を東金街道と称していたが、戦後に日光御成街道と名称が同じため東金御成街道とし、1987年に千葉県道路愛称名により国道126号千葉市中央区本町1丁目の「広小路交差点」- 東金市台方「台方十字路」交差点間を指し示す道路が東金街道としたことで、現在の形態が完成した。なお、明治期には中央区「本町2丁目交差点」から「都町五差路」までの道路は存在しておらず、大正期以降に田畑を開発したことで現在の道路ができた。また、「台方十字路」交差点までの江戸時代にはすでに存在してたこの街道の多くをそのまま舗装し、一般国道に昇格したが、同時に多くの箇所で線形改良がされている。

途中の市町村編集

脚注編集

  1. ^ 東金街道 (PDF)”. 千葉県. 2011年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。

関連項目編集