メインメニューを開く

東長 靖(とうなが やすし、1960年6月4日 - )は、イスラーム学者、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授。

三重県生まれ。三重県立松阪高等学校[1]。1984年東京大学文学部卒、同大学院宗教学専攻博士課程満期退学、東京大学文学部助手、1992年東洋大学文学部専任講師、97年助教授、1998年京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科助教授、2010年教授。共編著『岩波イスラーム辞典』で毎日出版文化賞。2010年「イスラームにおける神秘主義哲学と聖者信仰 スーフィズムの包括的理解の試み」で京都大学博士(地域研究)[2]

著書編集

共編編集

  • 『イスラームの神秘主義と聖者信仰』赤堀雅幸・堀川徹共編 東京大学出版会 イスラーム地域研究叢書 2005
  • 『イスラーム世界研究マニュアル』小杉泰林佳世子共編 名古屋大学出版会 2008
  • 『講座生存基盤論 第6巻 持続型生存基盤論ハンドブック』石坂晋哉共編 京都大学学術出版会 2012
  • 『イスラーム神秘思想の輝き 愛と知の探求』今松泰、山川出版社:イスラームを知る 2016

翻訳編集

  • ティエリー・ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』遠藤ゆかり訳 監修 創元社:「知の再発見」双書 2011

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『イスラームとスーフィズム』著者紹介
  2. ^ 京都大学